6月1日は「節水の日」! 福岡市が街頭キャンペーン 二度の大渇水教訓に水の大切さ呼びかける

節水都市ふくおか 福岡市は、「節水の日」と定めている6月1日の朝、JR博多駅と西鉄福岡(天神)駅周辺で、水の大切さをPRする街頭キャンペーンを行いました。1978年(昭和53年)と94年(平成6年)の二度にわたり、給水制限が約300日にもおよぶ大渇水を経験したことから、水資源が限られていることを再認識してもらおうと毎年企画しています。 “6月1日は「節水の日」! 福岡市が街頭キャンペーン 二度の大渇水教訓に水の大切さ呼びかける” の続きを読む

広告

[トップ5]「特別展 恐竜」限定ショップ「DINO STORE」 店長のおすすめ商品

 福岡市科学館(福岡市中央区六本松)で好評開催中の「特別展 恐竜」。圧巻のスケールを誇る、全長10㍍超の「アクロカントサウルス」の全身骨格をはじめ、様々な恐竜たちと記念写真に納まるのが、来場者のマストになっているようです。さらに、本展出口近くにある限定ショップ「DINO STORE」でグッズをゲットすれば、思い出も2倍増しになるのでは。店長の芦田さんに、おすすめ商品をお聞きしましたので、参考にしちゃってください!(価格は税込みです) “[トップ5]「特別展 恐竜」限定ショップ「DINO STORE」 店長のおすすめ商品” の続きを読む

恐竜 復元テーマに特別展 福岡市科学館 5月13日まで

ティラノサウルス(左)とトリケラトプス(右)の復元画(画・月本佳代美)
ティラノサウルス(左)とトリケラトプス(右)の復元画(画・月本佳代美)

 見て、聞いて、触れて恐竜を学ぶ――。

 恐竜の復元をテーマに、「ステゴサウルス」や「アロサウルス」などよく知られる恐竜の全身骨格を数多く展示する特別展「恐竜 DINOSAUR(ダイナソー)」~よみがえる恐竜のすがた~が、福岡市中央区六本松の福岡市科学館で開かれています。 “恐竜 復元テーマに特別展 福岡市科学館 5月13日まで” の続きを読む