第9回「グリーン購入」 環境に優しい商品を選ぼう マークが目印 一人ひとりの行動が大きな力に

 読売新聞福岡版に随時掲載している「きく丸 虎の巻」では3月12日、「グリーン購入」について紹介したよ。

 グリーン購入とは、商品を購入する際に、環境への負荷が少ないものを選ぶ行動のこと。たくさんの人が環境に優しい商品を選ぶようになれば、企業も環境によいものを作ろうと努力するよね。一人ひとりの行動が大切なんだ。

“第9回「グリーン購入」 環境に優しい商品を選ぼう マークが目印 一人ひとりの行動が大きな力に” の続きを読む
広告

想いこめる花束づくり フラワーショップ「Hibiya-Kadan Style」

花12本で想い伝える ヨーロッパの風習

 昔々のヨーロッパ――

 ある男性が女性宅に向かっていました。結婚を申し込もうと。道すがら、野で摘んだり、村人からもらったりした12本の花でブーケをつくりました。<感謝、誠実、幸福、信頼、希望、愛情、情熱、真実、尊敬、栄光、努力、永遠>。12の言葉を1本1本に託し、求婚の言葉とともに女性に贈り、永遠の愛を誓いました。女性はうち1本を選んで男性の胸元に挿し、愛を受け入れました。
“想いこめる花束づくり フラワーショップ「Hibiya-Kadan Style」” の続きを読む

「バルミューダ」ポップアップストア 岩田屋にオープン 暮らしに機能性&オシャレを 19日(火)まで

 2003年の創業以来、独自のスタイルでヒット家電を次々と送り出している「バルミューダ」(東京)のポップアップストアが、福岡市・天神の岩田屋本店にオープンしました。好評を博した昨年に続く第2弾で、イギリスのインテリアブランド「THE CONRAN SHOP」(ザ・コンランショップ)との共催。待ちに待ったファンも多く、連日にぎわっています。3月19日(火)まで。
“「バルミューダ」ポップアップストア 岩田屋にオープン 暮らしに機能性&オシャレを 19日(火)まで” の続きを読む

「まず~い、もう一杯!」のキューサイ、初の業務用青汁を発売 事業拡大の柱に

 「まず~い、もう一杯!」でおなじみのキューサイ(本社・福岡市中央区、神戸聡社長)は、レストランやホテルなど外食産業向けの青汁商品『キューサイ青汁のある食卓』の販売を始めました。従来は個人向けに特化しており、本格的な業務用の展開は初めて。今後の事業拡大の柱に位置づけています。
“「まず~い、もう一杯!」のキューサイ、初の業務用青汁を発売 事業拡大の柱に” の続きを読む

第19回「ハーバリウム」 ガラス瓶入りの植物インテリア 記者も制作に挑戦!

 読売新聞福岡版の地域生活欄「まち風 くらし色」で3月3日、ドライフラワーなどを透明なオイルとともにガラス瓶に入れた小型の植物インテリア「ハーバリウム」を紹介しました。取材した記者(50歳代)が殺風景な職場に彩りを与えようと、制作に挑戦しました。 “第19回「ハーバリウム」 ガラス瓶入りの植物インテリア 記者も制作に挑戦!” の続きを読む

ソラリアステージ「天神TOIRO」 地域の名店×全国区ショップ 日常に彩り

 福岡市・天神のソラリアステージ(西日本鉄道運営)は1999年の開業以来、若い世代にフォーカスした店づくりを進め、福岡のトレンドをリードしています。 “ソラリアステージ「天神TOIRO」 地域の名店×全国区ショップ 日常に彩り” の続きを読む