行って🚶‍♂️見て👀撮って📸きました!! 「MARK IS 福岡ももち」竣工、館内共用部の一部公開 11月20日(火)プレオープン、21日(水)グランドオープン・開業キャンペーン開始🎊👏 もうね、これは一つの「街」です 地域とともに“成長”の物語を🥰

 福岡市中央区地行浜のヤフオクドームに隣接するホークスタウンモール跡地の複合再開発で、三菱地所(東京)が開発した商業施設「MARK IS(マークイズ) 福岡ももち」が11月15日(木)に竣工し、館内共用部の一部が公開されました。20日(火)のプレオープン(10時~20時、だれでも入館可)を経て、21日(水)にグランドオープン。初日から開業キャンペーンを展開します。本日は写真をふんだんに使って館内外をご案内――。
“行って🚶‍♂️見て👀撮って📸きました!! 「MARK IS 福岡ももち」竣工、館内共用部の一部公開 11月20日(火)プレオープン、21日(水)グランドオープン・開業キャンペーン開始🎊👏 もうね、これは一つの「街」です 地域とともに“成長”の物語を🥰” の続きを読む

広告

[ぷちレビュー]映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』 クセ強っ⚡️ハイテンション・ロック・コメディー 阿部サダヲ×吉岡里帆 歌に愛に屈折ミラクルパワーさく裂💥 ぶっちぎりにおもしれぇんだよ!!

 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日(金)、TOHOシネマズ天神・ソラリア館やユナイテッド・シネマキャナルシティ13などで全国公開されました。カリスマの男性ロックスターと、無名の女性ストリートミュージシャンを軸にした、「声」をめぐるオリジナル“冒険”ストーリー。その奇抜さ、エネルギー、パンチ、毒気、怒とうの展開に圧倒され、書き下ろしをはじめとする楽曲の質の高さに心を揺さぶられ、屈折気味の愛や絆にホロリとさせられます。いやー、監督・脚本の三木聡さんワールド全開、会心作です。ちなみに、作品の略称は「音タコ」(オフィシャル!)で~す。 “[ぷちレビュー]映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』 クセ強っ⚡️ハイテンション・ロック・コメディー 阿部サダヲ×吉岡里帆 歌に愛に屈折ミラクルパワーさく裂💥 ぶっちぎりにおもしれぇんだよ!!” の続きを読む

[ぷちレビュー] 映画『あのコの、トリコ。』 吉沢亮×新木優子×杉野遥亮!!  舞台は芸能界、幼なじみ3人のラブストーリーにキュン💓 若くない(!?)あなたもときめいちゃってください❣️

 映画『あのコの、トリコ。』が、福岡市のTOHOシネマズ天神・ソラリア館などで全国公開中です。芸能界を舞台に、幼なじみ3人が夢と恋を追いかける三角関係ラブストーリー。主人公の地味でさえないメガネ男子が、大好きな人気モデルの「あのコ」のために、カッコよく変わりながら成長する様子を軸に描きます。主演に吉沢亮、ヒロインに新木優子、ライバルに杉野遥亮と、今をときめく若手キャストが輝きを放ちます。男子目線を軸にした展開に新鮮さがあり、工夫やこだわりがうかがえるシーンも随所に。若い世代はもちろん、中高年でも楽しめる作品に仕上がっています。さぁ、スクリーンの「青春世界」へ。思いっきり、ドキドキ・キュンキュンしちゃってください。 “[ぷちレビュー] 映画『あのコの、トリコ。』 吉沢亮×新木優子×杉野遥亮!!  舞台は芸能界、幼なじみ3人のラブストーリーにキュン💓 若くない(!?)あなたもときめいちゃってください❣️” の続きを読む

開業まで2か月切った「MARK IS 福岡ももち」 3階は飲食・遊び・ショッピング、フードコートは外光差す約550 席! エンタメ・家電の4階は日常彩るサービスも

 福岡市中央区地行浜で開発中の商業施設「MARK IS(マークイズ) 福岡ももち」は、11月21日の開業までいよいよ2か月を切りました。1~4階の店舗フロア紹介シリーズの最後は3、4階を紹介します。食事、ショッピング、遊び――。大人から子供までだれもが1日中楽しめる“仕掛け”がなされ、デイリーからアニバーサリーまで様々なニーズに応えてくれますよ~。 “開業まで2か月切った「MARK IS 福岡ももち」 3階は飲食・遊び・ショッピング、フードコートは外光差す約550 席! エンタメ・家電の4階は日常彩るサービスも” の続きを読む

[ぷちレビュー]カンヌ出品映画『寝ても覚めても』 愛するのはなぜその人なのか―― スリリングな展開で恋愛観を揺さぶるラブストーリー 「日本映画のヌーヴェルバーグ」! 9月1日(土)、KBCシネマなどで全国公開

 今年の第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された『寝ても覚めても』が9月1日(土)、福岡市中央区のKBCシネマなどで全国公開されます。原作は芥川賞作家・柴崎友香さんの同名恋愛小説。同じ顔をした二人の男の間で揺れ動く女性の物語を、気鋭の濱口竜介監督が鮮烈に描きます。人はなぜ人を愛するのか、なぜその人でなくてはならないのか――。カンヌで「日本映画のヌーヴェルバーグ(新しい波)」と絶賛された秀作は、衝撃的な展開で観客をほんろうし、共感する人にも反感を覚える人にも、うずきを残すことでしょう。誠実ゆえの残酷さ。そう、人は傷つき、傷つけながらも愛さずにいられない。逆説的に愛する勇気がわいてくる映画、と言えます。 “[ぷちレビュー]カンヌ出品映画『寝ても覚めても』 愛するのはなぜその人なのか―― スリリングな展開で恋愛観を揺さぶるラブストーリー 「日本映画のヌーヴェルバーグ」! 9月1日(土)、KBCシネマなどで全国公開” の続きを読む