大濠公園で線香花火を!大濠花火大会の復活を目指すチームに話を聞いてきた

 福岡市中央区の大濠公園で毎年開催されてきた「西日本大濠花火大会」。昨年を最後に終了し、「大濠花火大会がなくなるのは寂しい」と、地元有志が線香花火大会を開催する計画を進めています。6月30日には、大会で使う線香花火をつくるワークショップが開かれました。大濠公園内での花火は、福岡県の条例で禁止されています。花火大会復活なるか――。挑戦する人たちに話を聞きました。(読売新聞西部社会部・山根秀太)

ゴミ拾いができなくなるのは寂しい!

 線香花火の大会を計画しているのは、地元有志でつくる「2019 大濠花火実行会」。福岡市中央区で宿泊可能な飲食店「STAND BY ME」を経営する〝言い出しっぺ〟の貞末真吾さんは「大濠花火大会の翌日は毎年、みんなで会場周辺のゴミ拾いをしていました。ゴミ拾いができなくなるのは寂しい」と、ちょっと意外な動機を明かします。実行会は誰もが楽しめる線香花火で、仲間が顔を合わせる花火大会の開催を目指しています。

38391526_1802839863126272_585269605673467904_n
昨年の大濠花火大会翌日のゴミ拾いには約100人が参加した = 貞末さん提供写真

38287566_1802840076459584_5965297540751425536_n
ゴミ拾いが終われば、泊まれる立ち飲み屋「STAND BY ME」で参加者は朝食をとった = 貞末さん提供写真

大濠公園だと、線香花火でもかなり難しそう……

 ただ、大濠公園となると、たとえ線香花火でも大会開催のハードルは高いようです。公園を管理する福岡県によると、大濠公園での花火使用は危険行為にあたるとして条例で禁じられ、花火大会を開くにはイベント開催の許可が必要になります。県土整備事務所は「線香花火だと大濠花火大会の後継とはなり得ない。公園は火気厳禁で、利用者の迷惑になりかねないので許可できない」としています。今年の線香花火大会は、8月1日に開催することが決まっています。実行会は福岡市中央区の鳥飼八幡宮を会場にすることも視野に入れています。

 近年、安全面などを理由に、全国各地で花火大会の中止が相次いでいます。大濠花火大会は見物客が年々増え、昨年の人出は約43万人を数えました。警備員を増やしても道路には人があふれて危険性が増し、公園内の花壇のヒマワリが踏み荒らされるなど、観客のマナーも問題になりました。主催する西日本新聞社は昨年9月、「安全対策の限界といった事情を考え合わせ、これ以上の継続は難しい」と、大濠花火大会の終了を新聞紙面で発表しました。

線香花火づくりのワークショップを開催

 鳥飼八幡宮で6月末に開かれたワークショップで、大会で使う線香花火づくりを指導したのは、福岡県みやま市の筒井時正玩具花火製造所。九州で唯一、線香花火を手がける花火製造会社です。この日は親子連れを中心に約120人が参加し、用意された火薬を和紙で包み、指先でねじりあげて線香花火をつくりました。

_YMP1197
花火職人(右端)の指導を受けながら真剣な眼差しの参加者

_YMP1198
線香花火づくりに使う火薬と和紙

 指導した筒井時正玩具花火製造所の筒井良太代表は「花火業界はどんどん縮小傾向にある。このようなイベントを通じ、小さな頃から花火に親しんでほしい」と話しました。

 大濠公園での花火大会の実施はかなり難しそうです。貞末さんはワークショップの様子を見守りながら、「子どもたちが多く参加してくれてよかった。大濠公園で線香花火大会ができるのが一番いいと思っているので頑張りたい」と、あきらめずに関係機関と交渉する考えを示しました。

広告

漫画『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』 作者・新島秋一さんに福岡の魅力を聞いてみた【インタビュー】

福岡の魅力が詰まった漫画『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』。主人公の博多乃どん子は、博多弁バリバリの博多っ子。作中に登場する福岡のあるあるネタが、読者の共感を得ています。作者の新島秋一さんに、漫画を描く中で気づいた福岡の魅力、作品にかける思いについて語ってもらいました。(読売新聞西部社会部・山根秀太)

お話を聞いた人:新島秋一(にいじま・あきいち)さん
福岡県出身の漫画家。ウェブ漫画サイト「マンガクロス」(秋田書店)にて、『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』を連載中。7月8日に第3巻発売。福岡県在住。

博多弁の女の子カバーC
博多から東京に引っ越してきた主人公・博多乃どん子の視点を通じ、東京と福岡の言葉や文化、習慣の違いを4コマ漫画で描いている。

――はじめまして。よろしくお願いします!

よろしくお願いします。メディアの取材を受けるのは初めてで、大丈夫かなぁ(笑)。

――大丈夫ですよ(笑)。最近は『翔んで埼玉』が映画化されるなど、ご当地漫画が話題ですね。

そうですね。もともと、ご当地ネタはアマチュア漫画家に人気で、自作漫画をツイッターに投稿している漫画家も多いです。僕も投稿サイトに作品を発表していました。投稿が編集者の目に止まったのが連載のきっかけです。

――福岡県民の「あるあるネタ」が満載です。

福岡と東京のギャップが作品の中心テーマになっています。福岡の方言にしても、共通語感覚で使っていた言葉が実は方言だったりして、指摘されて初めて気づくことも多いですよね。

――当たり前だと思っていたことが……

当たり前じゃなかった(笑)。でも、東京とのギャップというのは、福岡県民に限らずどの地域の人も感じてるんじゃないですか。みんなが何となく抱えている感覚が、読者の共感を得ていると思っています。

SNSがなかったら「博多弁の――」は生まれてなかった

――作品のネタ集めはどうしていますか。

ツイッターでアンケートを取ってみたり、ニコニコ動画やユーチューブの生放送でユーザーと直接やりとりしたりして、独りよがりにならないように注意しています。大事にしているのは「共感」です。ユーザーの意見をもらって作品を手直しすることも多々あります。

――今っぽい作品の作り方ですね。

SNSがなかったら誕生しなかった作品だと思います。

――作中には福岡の名産やお店がたくさん出てきます。

漫画で商品やお店を紹介する場合、お店に直接交渉したこともあります。博多駅前のラーメン屋さんとかには直接お願いに行きました。

――私は北九州市出身なので、北九州市出身の「斉藤先生」の言葉に共感です。

北九州ネタは考えています。まだ詳しくはお話しできませんが、北九州はもっと登場しますよ。

作品づくりで感じた福岡の魅力

――福岡に対する思いとか、新島さんの中で変化はありましたか。

福岡に関心を持つようになりました。

――たとえば?

友人と食事に行っても、地元トークが増えました(笑)。福岡のうどんはコシがないとか、僕らの当たり前が福岡県外では当たり前じゃないから、小さなことに驚いたり、好奇心をかき立てられたりするようになりました。それまでは福岡に住んでいながら、ほとんど興味がありませんでしたから。

――福岡の見方が180度変わりましたね。

福岡の魅力を探しているうちに、全国各地の魅力にも気づけるようになりました。日本全国それぞれの場所に自慢できるところがあります。もちろん、東京だって。コミックス第2巻は東京の魅力も描いています。『博多弁の――』が自分たちが住む地域の魅力に目を向けてもらうきっかけになったらうれしいです。

在京テレビ局が全国放送する番組では、首都圏のグルメ情報や観光情報がどうしても多くなります。でも、首都圏に住んでいない僕らはそこを訪れることは難しいです。東京中心の画一的な文化じゃなく、それぞれの地域の特徴や多様性を大事にしたいですね。

7月19日午後7時からFBS福岡放送でドラマ化決定!

テレビドラマが7月19日に放送されます。主人公・博多乃どん子役を福岡県出身の福田愛依さん、幼馴染の東京(あずま・みやこ)役を同じく福岡県出身の岡田健史さんが演じます。光石研さん、原沙知絵さん、森口博子さん、野間口徹さんら、福岡出身のキャストが脇を固めます。放送後は「Hulu」でも配信放送されます。

――ドラマ化ですよ。

まだ、実感がわきませんね。放送を見てみないと(笑)。

――主要な出演者のほとんどが福岡県の出身ですね。

僕としては安心感しかないです。楽しみです。

――最後に、福岡県の好きな所は?

糸島市に海が一望できる崖の上みたいな場所があるんですけど、名前を忘れちゃった。あと太宰府天満宮も好きです。参道に店が並んでいて、いつ行ってもお祭り感を味わえます。

――本日はありがとうございました。

ありがとうございました。これからもどん子たちの活躍を楽しみにしていてください!

ドラマ「博多弁の女の子は可愛いと思いませんか?」の公式ウェブサイト

第33回 最新クールビズで夏を乗り切れ

 7月7日の読売新聞福岡版「まち風 くらし色」コーナーでは、夏を乗り切る「クールビズ」の最新商品を紹介しました。(読売新聞西部社会部・有馬友則)

進化する夏商品

 取材したのは、福岡市南区にある「洋服の青山 福岡大橋店」。ビジネス用から就活用のスーツまで幅広い商品を取り扱っています。家庭で洗濯可能なジャケットや、体の熱気を素早く放出するシャツなどもあり、クールビズ商品が多様化していることを実感しました。

 接客や営業で上着を脱げない人には、夏に人気の9つの機能をまとめた「PT― 9シリーズ」の「清涼モデル」という夏用スーツがお薦めだそうです。ウールとポリエステルの生地は通気性が良く、汗を吸収してすぐに乾燥させる「吸汗速乾」機能も備えています。外回りに忙しい若年層のビジネスマンがターゲット。背中やウエスト周りがストレッチ素材になっていて動きやすい点も好評だそうです。

靴もクールに

 服だけでなく、靴も進化しています。同店では、スーパークールビズの服装にも合わせやすい「ニットシューズ」を昨年から販売。通気性の良いメッシュ状の素材で作られており、靴の中にこもる熱気を逃がし、そのままランニングもできるくらいの履き心地になっています。革靴の代わりに良さそうです。

 記者は30歳。取材で外を飛び回っています。本格的な夏に向けて、「洋服の青山」とスポーツメーカー「ミズノ」が共同開発した「アイスタッチドレスシャツ」の半袖を購入しました。生地自体が体の熱気を素早く放出させる接触涼感素材「アイスタッチ」を用いています。襟元に汗をかいてもベタベタせず、サラッとした着心地で1日中快適に過ごせました。

 さらに、近年人気という綿のズボン「黒色コットンパンツ」を購入しました。通常のスラックスに比べてストレッチ性があり、写真を撮るためにかがんだり、背伸びしたりしても動きやすかったのが印象的でした。

日傘で暑さ対策を

 福岡市博多区の百貨店「博多阪急」では、環境省も活用を呼びかけているという日傘を見せてもらいました。男性用日傘の売り上げは伸びていて、晴雨兼用や折りたたみのタイプが人気なのだそうです。

 記者も、購入したアイスタッチドレスシャツとコットンパンツを着用し、日傘を差してみました。勤務している筑豊地方では、「日傘男子」はほとんどいません。購入にはまだ少し勇気が必要ですが、熱ストレスの軽減に役立つそうなので、検討してみたいと思います。

 梅雨が明ければ、夏本番――。みなさんも自分に合うクールビズ商品を探してみてはいかがでしょうか。

 

サガン鳥栖と今年も子どもイベント

 プロ野球・福岡ソフトバンクホークスとサッカー・J1のサガン鳥栖との共同企画「スポーツ・キッズ・プロジェクト」が今年も行われました。7月2日にはソフトバンクの内川聖一選手と鳥栖のFWフェルナンド・トーレス選手がヤフオクドームで記者会見しました。

“サガン鳥栖と今年も子どもイベント” の続きを読む

【2019年版】博多祇園山笠 飾り山をまとめて全部見せ!(3/3)

 博多祇園山笠の飾り山は、ヤフオクドームやキャナルシティ博多、博多駅といった観光客が多く訪れるエリアにも置かれています。ヤフオクドームの飾り山だけは、表の題材が戦記物や神話ではなく、福岡ソフトバンクホークスになっています。また、山笠を奉納する櫛田神社の飾り山は1年を通して飾られます。

福岡ドーム(ヤフオクドーム)

hukuokadome1
令和玄海飛躍鷹(れいわげんかいひやくたか)【表】
hukuokadome2
真田勇戦誉(さなだゆうせんのほまれ)【見送り】

博多駅商店連合会(博多駅前)

hakataeki1
合戦川中島(かっせんかわなかじま)【表】
hakataeki2
ラグビーワールドカップ 2019【見送り】

キャナルシティ博多(キャナルシティ博多)

kyanaru1
勧進帳(かんじんちょう)【表】
kyanaru2
令月風和桜報恩(れいげつかぜやわらぎてほうおんのさくら)【見送り】

川端中央街(川端通商店街)

kawabatachuou1
決闘巌流島(けっとうがんりゅうじま)【表】
kawabatachuou2
KBCふるさとWish【見送り】

櫛田神社(櫛田神社)

kusida1
神話海幸彦と山幸彦(しんわうみさちひことやまさちひこ)【表】
kusida2
流星光底逸長蛇(りゅうせいこうていちょうだをいっす)【見送り】

【2019年版】博多祇園山笠 飾り山をまとめて全部見せ!(1/3)

【2019年版】博多祇園山笠 飾り山をまとめて全部見せ!(2/3)

【2019年版】博多祇園山笠 ニュースでは見られない!? 追い山のニッチな写真を撮ってきた!

 

第41回読売学生書展作品募集 10月1日必着で!

九州・沖縄・山口地区を中心として、全国の小・中学生、高校生を対象に、第41回読売学生書展を12月6日~8日、福岡国際センター(福岡市博多区築港本町)で開催します。

学校・書塾単位はもちろん、個人でも応募可能です。課題・書体は自由で、サイズは半紙と条幅(半切1/4サイズと半切サイズ)です。出品料は半紙600円、条幅700円です。

10月1日(火)必着で応募ください。

応募先

〒810-8581 福岡市中央区赤坂1-16-5
読売新聞西部本社事業部内 「読売学生書展事務局」

審査は、読売書法会顧問の新井光風先生を選考委員長に、九州・山口・沖縄地区の読売書法会役員によって行われ、最高賞である文部科学大臣賞をはじめ、読売学生大賞をはじめとする特別賞から、特選、秀逸、金賞、銀賞、銅賞までを決定します。応募者全員に賞状を贈ります。

成績発表は11~12月の読売新聞紙上を予定しております。そのほか、出品責任者に個別に通知します。

展覧会では特選以上に選ばれた作品を展示します。入場料は無料。第36回読売書法展九州展と同時開催。出品に関する問い合わせは同展事務局(092・715・6091)まで。

募集要項や出品目録はこちらからダウンロードできます。

募集要項
出品目録