ガーデニングコンテストの入選作が完成

 福岡ソフトバンクホークスが募集していたガーデニングコンテストの入選作が完成し、ヤフオクドーム6ゲート前の3階デッキで展示が始まりました。これから1年間、鑑賞することができます。

 団体や企業、短大、小中学校などから約50件のデザイン応募があり、入選20作品が実際に造られました。6月30日に審査・表彰式が行われ、最優秀賞にはソフトバンクのチームカラーである黄色や白などの花をあしらった株式会社「グッデイ」の作品=写真上=が選ばれました。また、選手が選ぶ「ホークス賞」は、ヤフオクドームと大空を飛ぶタカのオブジェをあしらった作品=写真下=に決定しました。

 審査員長を務めた庭園デザイナーの石原和幸さんは「素晴らしい作品がそろった。ドームを訪れるたくさんの方に見ていただけるのは素晴らしいこと」と話していました。

広告

コメントをどうぞ