【2019年版】博多祇園山笠 飾り山をまとめて全部見せ!(1/3)

博多祇園山笠が7月1日に開幕し、福岡市内では「飾り山」の公開が始まりました。街中を勢いよく駆ける「舁き山」とは異なり、飾り山は豪華絢爛な装飾が魅力です。櫛田神社に向いた面を「表」とし、その裏側を「見送り」と呼びます。戦記物や歌舞伎の演目、神話、アニメなど、テーマに沿った博多人形が飾られています。飾り山は祭りを締めくくる「追い山」の15日まで見物できます。令和元年の飾り山を14か所すべて、「表」と「見送り」まとめて紹介します。

千代流(地下鉄千代県庁口駅前)

tiyo1
延寿万歳景雲興(えんじゅばんざいけいうんおこる)【表】
tiyo2
時今也桔梗旗挙(ときはいまききょうのはたあげ)【見送り】

東流(地下鉄呉服町駅前)

higasi1
源平合戦武将誉(げんぺいかっせん ぶしょうのほまれ)【表】
higasi2
源平合戦武将誉(げんぺいかっせん ぶしょうのほまれ)【見送り】

中洲流(中洲中央通り)

nakasu1
雄姿剣洗川(ゆうしけんをあらうかわ)【表】
nakasu2
義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)【見送り】

上川端通(川端通商店街)

kamikawabata1
神武東征誉(じんむとうせいのほまれ)【表】
kamikawabata2
三人形(みつにんぎょう)【見送り】

【2019年版】博多祇園山笠 飾り山をまとめて全部見せ!(2/3)

【2019年版】博多祇園山笠 飾り山をまとめて全部見せ!(3/3)

【2019年版】博多祇園山笠 ニュースでは見られない!? 追い山のニッチな写真を撮ってきた!

広告

コメントをどうぞ