竹久夢二展~憧れの欧米への旅~ 7月18日から周南市美術博物館で

 美人画で一世を風靡し大正ロマンを代表する画家、竹久夢二(1884~1934年)。本展では日本有数の竹久夢二コレクターの中右瑛なかう えい氏の所蔵品の中から、肉筆画や版画、デッサンなどを展示し哀愁とロマンあふれる夢二の世界を紹介。さらにこれまでほとんど公開されていなかった欧米へ旅行した際のスケッチ、デッサンも展示し、夢二の新たな魅力をお届けします。

 

会期

7月18日(木)~8月25日(日)
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※月曜休館、ただし8月12日(月・振休)は開館し翌13日(火)は休館

 

会場

周南市美術博物館(山口県周南市花畠町10の16)

 

観覧料

一般1,000円、大学生800円、18歳以下無料
※前売り、または20人以上の団体は各200円引き

 

問い合わせ

周南市美術博物館(0834・22・8880)

 

主催

周南市美術博物館、読売新聞社、KRY山口放送

 

後援

山口県、山口県教育委員会、周南市・下松市・光市・田布施町および各教育委員会

 

監修

中右 瑛(国際浮世絵学会常任理事)

 

企画協力

ステップ・イースト

広告

コメントをどうぞ