ミクニワールドスタジアム北九州 ライン引きのマニアな現場に潜入した!

ギラヴァンツ北九州のホームスタジアム「ミクニワールドスタジアム北九州」。サッカーの取材中に疑問に思ったのが、ピッチのラインについて。どうやって引いているのか。全く消えないのは「ペンキか何か?」。Jリーグの試合に向けて準備する、グラウンドキーパーのライン引き現場を取材しました。(読売新聞西部社会部・山根秀太)

_YMP0380
近いところは客席とピッチの距離が8メートル = 山根秀太撮影
ミクスタは客席とピッチがとにかく近い。試合中にピッチサイドからカメラを構えると、すぐ後ろに陣取るサポーターの歓声、悲鳴、熱狂、落胆も直に感じ取れます。

記者も知らないライン引きの世界

取材に応じてくれたのは、ミクスタのグラウンドキーパーの皆さん。この日は村上貴之さんをリーダーに、3人で作業が進められていました。

_YMP0530
真剣なまなざしで作業をする村上さん = 山根秀太撮影

ラインを引く前に準備の芝刈りです。取材当日は2日後に試合を控えていたので、あらかじめ短めに芝をそろえます。

芝刈りが終わり、ここからが本番。基準となるロープをピッチに張り巡らせます。ゴールから反対側のゴールまで100メートル以上あるので、ロープがたるまないように、綱引きの要領で全体重をかけて引っ張ります。

_YMP0489
基準となるロープが歪むとラインも真っ直ぐ引けない = 山根秀太撮影

プロは言う「曲線より直線が難しい」と……

ラインの素となる白い液体が入った専用の手押し車が登場。ロープに沿って押していくと、後ろには真っ直ぐ、真っ白なラインが登場します。

メインスタンドとバックスタンドを結ぶラインから。同じ向きのラインが全て引き終わると、ゴール間を結ぶ方向に転換して作業を繰り返します。

_YMP0593
きれいに真っ直ぐ慎重に = 山根秀太撮影

「直線を引くのが難しい。失敗できないので緊張します」。村上さんはそう言います。

直線が終わると、ペナルティーエリアとピッチ中央にある曲線です。手押し車にメジャーをくくり、弧を描いていきます。その後はコーナーエリアやベンチ前へ。作業は約2時間で終了しました。試合当日を待つだけです。


円を描くときはメジャーを使って引く = 山根秀太撮影

J1に上がればラインは濃くなる?

今年はギラヴァンツが開幕から好調を維持しています。村上さんは「今年こそJ2に昇格してほしいですね」と期待を口にし、作業にもいっそう力が入っています。

作業中、ベテランのグラウンドキーパーに聞きました。実は、このラインにはいくつか種類があり、ミクスタがJリーグの試合用で使っているものは、ユニホームについても簡単に洗い落とせるそうです。ペンキじゃありませんでした。価格も高めだそうです。「J1に上がったらラインは濃くなるかもね」と耳打ちされました。理由はテレビ中継。視聴者に見えやすくする工夫だそうです。奥深きライン引きの世界。

_YMP0425_YMP0603
ビフォー、アフター = 山根秀太撮影

6月2日の九州ダービー “もろびとこぞりてミクスタへ”

ギラヴァンツ北九州は第9節を終えてリーグ首位に立っています。6月2日はミクスタにロアッソ熊本を迎え、九州ダービーが開催されます。キックオフは午後4時。村上さんが引いたラインにも注目しながら声援を送ってください。

広告

コメントをどうぞ