磯崎新さんプリツカー賞受賞記念 お弟子さんに北九州市の磯崎建築を紹介してもらう

「建築界のノーベル賞」とも言われる「プリツカー建築賞」を受賞した大分県出身の建築家・磯崎新さん。北九州市内には磯崎さんが手がけた公共建築物が数多くあり、映画のロケ地としてもスクリーンにたびたび登場します。磯崎さんのアトリエに14年勤めたお弟子さんに、若かりし頃の磯崎伝説を聞きつつ、北九州の磯崎建築を紹介してもらいました。(読売新聞西部社会部・山根秀太)

DSC03854
磯崎新(いそざき・あらた)。1931年大分県大分市生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。卒業後は建築家・丹下健三に師事。1963年磯崎新アトリエを設立。機能主義に反発するポスト・モダン建築の旗手として活躍。ハーバード大、コロンビア大などで客員教授を歴任し、多くの国際コンペで審査員を務める。代表作は茨城県の「つくばセンタービル」(1983年)、「大分県立大分図書館」(1966年)、ロサンゼルス現代美術館(1986年)など。

日本人のプリツカー賞受賞者は磯崎さんで8人目です。過去には東京都庁や代々木第1体育館の設計で知られる故丹下健三さん、茨木春日丘教会(別名:光の協会)の安藤忠雄さんなどが受賞しています。海外では、幻となった新国立競技場を設計した故ザハ・ハディドさんも受賞者の一人です。

案内人は磯崎さんのお弟子さん

案内してくれたのは建築家の西岡弘さん。大学1年からアルバイトとして磯崎新アトリエで働き始め、大学を卒業した1970年からは社員として14年勤めました。今回は北九州市が企画した関係者向けツアーの解説役として、各所を紹介してくれています。

_YMP9545

巨大カマボコに宇宙観を描いたステンドグラス

――北九州市立中央図書館・文学館(1974年)といえば、かまぼこ形の独特なフォルム。緑青の屋根も印象的です。映画『図書館戦争』(2013年公開)のメインロケ地としても登場します。


北九州市立中央図書館・文学館 = 大野博昭撮影

nishioka今もきれいに使われているなぁと感心します。中央図書館のようなダイナミックな建築が磯崎さんの真骨頂です。文学館にあるステンドグラスは、江戸時代の思想家・三浦梅園が著書の中で用いた図を参考に、梅園の宇宙観を磯崎さんが表現しました。

_YMP9569文学館にあるステンドグラス = 山根秀太撮影
――磯崎さんは西岡さんの師匠ですよね。

nishiokaですね。当時は近寄りがたかったですよ。まず、社員を褒めません。かといって怒りもしない。アトリエでは設計の説明とかも一切しない。

――怖い……

nishiokaいやいや。当時の建築事務所にはいわゆる徒弟制度のような雰囲気がありましたから。「親方の技を見て盗む」みたいな。だから手取り足取りという感じはなかったです。磯崎さんはスケッチがすごく上手なんですよ。当時はパソコンがないから、設計図も全て手描きでしょ。磯崎さんはびゃびゃびゃーって描いちゃう。当時はおおらかな時代で、そういったスケッチはみんな捨てちゃって。今思うと大事に保管しとけばよかったよな。

山頂に立つ北九州のランドマークは逆鱗に触れた思い出

_ドローン
北九州市立美術館 = 北九州市立美術館提供

――突き出た2本の直方体が特徴的な北九州市立美術館(1974年)は「丘の上の双眼鏡」と称されますが、最近はアニメ『機動戦士ガンダム』に登場する「ホワイトベース」に似ているという声も多いようです。こちらは映画『デスノート』(2006年公開)のロケ地ですね。美術館の思い出はありますか。

nishioka磯崎さんが現場責任者にキレました。

――やっぱり怖い人ですよね……

nishioka磯崎さんの意図とは違う施工がなされたんです。現場を訪れた磯崎さんが気づいて、担当していたアトリエの現場責任者に激怒しました。でも、足場とかも外しちゃってて、すでに手遅れでした。その記憶が強烈に残っています。

でもね、しょうがない面もあったんです。当時は10人かそこいらの従業員しかいないのに、複数の大規模案件が重なって、むちゃくちゃ忙しかった。私も寝袋をもってアトリエでよく寝泊まりしていましたから。だから誰も責められません。ブラック? 今じゃ考えられないけど、そういう時代でしたね。

――まさに一心不乱って言葉がぴったり。

nishiokaこんなエピソードもあります。仕事で徹夜が決まった夜、磯崎さんが社員をとんかつ屋に連れて行ってくれました。そしたら三島由紀夫が書生とおぼしき男たちと一緒にいて、「あいつが三島だ」みたいにみんなでヒソヒソ話しながら食べたことがありました。楽しかったですよ。

お金がない。空調もない。

西日本総合展示場本館
西日本総合展示場本館 = 大野博昭撮影

――西日本総合展示場本館(1977年)ですね。海辺に立つコンベンションセンターで、様々なイベントが開かれています。屋根を支える支柱が船のマストをイメージしているそうです。

nishiokaここでは私が責任者を任されました。

――ついに! やったじゃないですか!

nishiokaでもね、お金がなかった。支柱からワイヤを垂らして天井を支える構造が、もんのすごいお金がかかって。内装や外装にあまり工事費を向けられませんでした。当初は空調設備もなかったですから。※空調は1998年に設置。

――西日本総合展示場本館の隣には北九州国際会議場(1990年)があります。実写版の映画『ママレード・ボーイ』(2018年公開)のロケ地です。総合展示場本館とともに原作漫画にも登場しますね。

北九州国際会議場
北九州国際会議場。左奥に見えるのはミクニワールドスタジアム北九州 = 大野博昭撮影

nishiokaこの色彩や形はまさにポスト・モダン建築です。磯崎建築は快晴の日がもっとも映えると思っています。館内には海の波をイメージした天井があります。大理石をぜいたくに使った柱など、バブル期だからこそできた建物でもありますね。

――どうして北九州市には磯崎建築が多いのでしょうか。

nishioka1967年から5期20年にわたって北九州市長を務めた谷伍平さんの存在が大きかったですね。磯崎さんは谷さんのことをパトロンだと言ってはばかりませんでした。公共事業では同じ建築家に何度も仕事を任せることはありません。癒着が疑われますから。谷さんは磯崎さんの実力を見抜いていたのかもしれません。磯崎さんも結果で谷さんの期待に応えました。

――西岡さんにとっても師匠のプリツカー賞は感慨深いですね。

nishioka磯崎さんの受賞は遅すぎたくらい。私もほっとしています。北九州には磯崎建築が今も大切に受け継がれ、そして市民に愛されています。これからも後世に守り伝えていってほしいです。

取材協力:北九州市MICE推進課

広告

コメントをどうぞ