複合型ライフスタイルショップ「BIOTOP」、中央区赤坂に九州初進出! 東京・白金台、大阪・南堀江に続く3店目 セレクトショップなど展開のJUN運営

 複合型ライフスタイルショップ「BIOTOP(ビオトープ)」の九州初進出店舗が4月26日、福岡市中央区赤坂の国体道路沿いにグランドオープンしました。オシャレな街として注目される東京・白金台、大阪・南堀江に続く3店目で、「シティランドマーク」をコンセプトに、「ファッション」「フード」「ボタニカル」「ライフスタイル」アイテムを展開。舞鶴公園・福岡城跡や福岡県護国神社、大濠公園・福岡市美術館に囲まれた落ち着いた環境の中で、都市生活者にステキ豊かな暮らしを提案します。

 ビオトープは、「JUN」ブランドやセレクトショップ「アダム エ ロペ」などを展開する株式会社ジュン(本社・東京、佐々木進社長)が運営。そのネーミングは、「生き物の、ありのままの生態系が保たれた空間」という意味の環境用語に由来しています。

 1号店は2010年、東京・白金台に開店。世界の有名・注目ブランドのファッションアイテムをはじめ、ハイセンスな生活雑貨、ナチュラルコスメなどをラインアップするほか、「植物のある日常」を呼びかけるボタニカルショップ、緑を眺めながらゆったりと過ごせるカフェ&レストランを併設し、人気を集めています。中庭には樫の木のツリーハウスがあり、シンボルとして親しまれています。2号店は2014年、大阪・南堀江の交差点にオープン。緑や木が印象的なたたずまいから、街のランドマークにもなっています。

 福岡・赤坂に5年ぶりに誕生した3号店は、「BIOTOP FUKUOKA(ビオトープ フクオカ)」。国体道路を挟んだ護国神社の向かい、レストラン喫茶青山の跡地に整備されました。

  3階建てと2階建ての2棟からなり、1階と3階はカフェ&レストラン、2階はファッション&ライフスタイルフロアとボタニカルショップ。各階とも大きなガラス窓から舞鶴公園や護国神社の緑を見渡せるロケーションで、近くの池では例年、梅雨入り時期にハナショウブが見頃を迎えます。緑や水を感じる自然環境は“都会のオアシス”といった雰囲気があり、ゆったりとした時間が流れます。

 カフェ&レストランはイタリアンをベースに、地元の食材を生かした料理を用意。福岡在住の料理家・渡辺康啓さんがキュレーションするスイーツや紅茶も話題を集めそうです。1階は食事スペース。3階はラウンジスペースと階段状のルーフトップ(屋外)になっており、飲み物と軽食をいただくことができます。テイクアウトも可能です。

  ファッション&ライフスタイルフロアは、国内外の有名・新進ブランドのファッションをはじめ、生活雑貨、コスメなど、生活を豊かにするアイテムが並んでいます。福岡限定品や別注商品もあります。

 ボタニカルショップは植物はもちろん、プランター、ガーデニングアイテム、関係雑貨がそろっています。

 詳細については、「ビオトープ」のホームページ(https://www.biotop.jp/)をご覧ください。

BIOTOP FUKUOKA(ビオトープ フクオカ)

グランドオープン
2019年4月26日
住所
福岡市中央区赤坂2-6-30
営業時間
カフェ&レストラン「RAMUSIO(ラムジオ)」 1階9時~23時、3階14時~23時
ファッション&ライフスタイル「BIOTOP FUKUOKA」 11時~20時
ボタニカルショップ「BIOTOP NURSERIES(ビオトープ ナーセリーズ)」 11時~19時
※ただし、日曜日は全館19時まで。
定休日
不定休
ホームページ
https://www.biotop.jp/

広告

コメントをどうぞ