イムズ30周年記念! 劇団「大人計画」スペイベ開催中 福岡出身・松尾スズキさん主宰 写真・衣裳展示 限定グッズ販売

 福岡市・天神のイムズで、開業30周年特別企画「30祭(SANJUSSAI)凱旋 大人計画大博覧会in 福岡」が開かれています。福岡県出身の作家・演出家・俳優、松尾スズキさんが主宰する人気劇団「大人計画」のスペシャルイベントで、連日、多くの人でにぎわっています。

 三菱地所グループが運営するイムズは、1989年4月12日に開業。天神、ひいては福岡を象徴する商業施設の一つとして親しまれています。「イムズらしさ」が特に光るのは、イベントの企画力。地下2階のイムズプラザ(吹き抜け)で年間を通して開催される催しの数々は、「斬新さ」「楽しさ」「啓発力」などの面で高いクオリティーを誇っています。

 そんなイムズが30周年事業の柱の一つに位置づけるのが、今回の特別企画です。

 松尾スズキさんが1988年に旗揚げした「大人計画」は、宮藤官九郎さんや阿部サダヲさんをはじめ、日本のエンターテインメント業界で輝く人材を擁しています。その唯一無二の存在感と“中毒”性で多くのファンを獲得するとともに、人気俳優や脚本家を輩出し、いまや押しも押されもせぬ人気劇団となっています。30周年を迎えた昨年は、劇団の軌跡をたどるイベント「30祭(SANJUSSAI)」を12月に東京・青山で開き、大きな話題になりました。これを、松尾スズキさんの出身地で「凱旋」開催するのが特別企画。「企画のイムズ」の面目躍如と言えます。

 会場のイムズプラザ(地下2階)と三菱地所アルティアム(8階)には、30年の歩みが分かる舞台写真や稽古風景写真、年表をはじめ、衣裳、小道具、松尾さん直筆のイラスト原画などが展示されています。さらに、劇団メンバーの音声ガイドサービス(有料)のほか、メンバー一人ひとりの等身大パネル、限定グッズ販売コーナーなども用意。これでもか!と観客を楽しませる、大人計画らしい盛りだくさんの内容になっています。

松尾スズキさん

 松尾スズキさんは1962年12月15日生まれ。九州産業大学芸術学部卒。大人計画で作・演出・出演をつとめるほか、ボーダーレス&マルチに活躍する才人です。1997年に『ファンキー!~宇宙は見える所までしかない~』で岸田國士戯曲賞、2008年に映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。2019年はNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』に出演し、秋には監督・脚本・主演の映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』が公開されます。ところで昨年は、阿部サダヲさん主演の映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』で演じたヒロインのおじさん役がインパクト大でしたね(ほんとサイコーでした)。

 松尾スズキさんはイムズ開催に合わせ、以下のコメントを寄せています。

 「福岡県を出て、松尾スズキになって30年がたちました。松尾の歴史=大人計画の歴史ということで、今回その軌跡をたどる大博覧会が故郷福岡に凱旋いたします。私だっておじさんの形で生まれたわけじゃない。それをわかっていただきたい。それ以上に、私とともに「おもしろ」の彼岸を目指し歩いて来た仲間の足跡、そういうものをパノラマとして観るのも楽しいのではないか。そういう企画です」

 一度触れると、魅了される「大人計画」&「松尾スズキ」ワールド。イムズに足を運んで、その刺激的な世界をのぞいてみてください。

 会期は4月21日まで(4月16日休館)。開場は10時~20時。入場料金(2会場共通チケット、再入場不可)は一般1,000円(800円)、学生800円(600円)、高校生以下無料。かっこ内は10人以上の団体料金。 詳細はイムズのホームページ(https://ims-tenjin.jp/event/detail.php?id=392)をご覧ください。

広告

コメントをどうぞ