春うらら 抹茶な午後はいかが? 楽しみ色々 マークイズ福岡ももち

 先日の「MARK IS(マークイズ) 福岡ももち」のテイクアウト「スイーツ」レポ、好評をいただきました。で、早速、第2弾を。今回のテーマは、「抹茶」です。和テイストの魅力をどうぞ。

 抹茶の旬は秋。だけど、春だってもちろん美味しい。飲食業界では、「新茶」「桜」といった雰囲気に、もうひとニュアンスを加えてくれるアイテムとして引っ張りだこなのです。

 体験するなら、マークイズ福岡ももち1階の「MoMoChi CAFE & DINING」(モモチ カフェアンドダイニング)がおすすめ。イタリアのコーヒーブランド「illy」(イリー)と、大阪の老舗お茶店「袋布向春園本店」のコラボ店です。

 いち押しメニューは、オリジナルの「柚子・抹茶スパークリング」(580円)。スイーツ要素もあるドリンクです。あ、店員さんが運んできてくれました。では、いただきながらご説明を。

柚子・抹茶スパークリング

 あれっ? とお思いですよね。そうなんです。抹茶ソースが別添えになっているんです。“お作法”としてはまず、透明感が涼やかな柚子ゆずソーダを一口。やわらかい甘みの中に、柚子の香りがほんのりと漂います。美味しい~。だ、だめですよ、欲望のままに(笑)そのままゴクゴク飲んじゃったら。ぐっとこらえて、はい、ここで抹茶ソースを少しずつ加えていきます(量はお好みで)。あぁ、美しい色合い。大和心に響くなぁ。いただくと――んもう、絶妙なマリアージュ。上品な口当たりが印象的です。会話も弾みます♡

 抹茶を使ったオリジナルドリンクはこのほか、タピオカ抹茶黒蜜(680円)、京抹茶チョコレート(680円)、京抹茶パフェ(980円)などがあります。

サーモンと舞茸のお出汁香るカルボナーラ

 お食事でも抹茶を楽しめます。8種類あるパスタ料理はすべて、プラス50円で「京抹茶の生パスタ」に変えることができるんです。その名の通り、抹茶を練り込んだ生パスタなので、ソースはクリーム系またはスープ系が合いますよ~。

🌸 🍵 🌸

 個人的には、抹茶って、私たちにとって“魔法”の粉(飲み物)だな、と思うんです。古来、日本人を魅了してきたし、茶道では日本的な時間と空間を演出するんですもの。<いつもと違うひとときを過ごしたいな>。そんな気分のときは、マークイズで「マジカル抹茶ブレイク」しちゃいましょ♡

<文中の価格は税込み>
<写真はマークイズ福岡ももち提供>

広告

コメントをどうぞ