[ぷちレビュー] 映画『まく子』 大人になりたくない少年が不思議な少女に恋をした あなたに贈る再生と感動の物語

 映画『まく子』が3月15日(金)から、福岡市の中洲大洋などで全国公開されます。大人になりたくない少年の葛藤と、美少女への淡い恋心を軸に、小さな町で不器用ながら自分らしく生きる人々をつづる物語。信じること、変化を恐れないこと、許すことの大切さ――。今を生きる大人たちの、明日への一歩をそっと後押ししてくれます。原作は直木賞作家・西加奈子さんの同名の傑作小説です。

 まずはあらすじを。

 小さな温泉街に住むサトシは小学5年生。自分の体が「大人」へと変化していくのに戸惑い、悩んでいました。異性関係にだらしない父親をはじめ、周囲の大人たちはいい加減に思えるし、どこに行っても居心地の悪さを感じます。そんなとき、美しい少女コズエが転入してきます。言動が風変わりで、とらえどころがない。しかも、落ち葉など何かをひろい上げてはき散らします。はじめは困惑したサトシですが、次第に不思議な魅力にひかれていきます。ある日、サトシはコズエから秘密を打ち明けられ、それによって周りを見る視点が変わります。秘密は大人たちにも影響を与えて――。

映画「まく子」少年サトシと父

 主人公のサトシ役をつとめたのは、映画初主演の山﨑光さん。自分をうまく定めることができないサトシの心情を、居心地の悪そうな表情などで見事に表現しています。子どもが子ども役を演じるための俯瞰ふかんした視点も持ちあわせているように思われ、才能を感じました。突然舞い降りるように、サトシの前に登場するコズエ。演じた新音にのんさんは、すらりとした肢体とエキゾチックな美しい顔立ちが印象的でした。魅力的でどこか浮世離れした様子は、さながら「現代版かぐや姫」の雰囲気。他の人が思い浮かばないほど、はまり役でした。

映画「まく子」コズエ

 二人を取り巻く大人たちも存在感があります。

 旅館で料理長を務めるサトシの父、光一役は草彅剛さん。後半、悩める息子と語り合うシーンでは、ゆるりとしたムードを醸し出しつつも、懐に響くようなすごみと魅力があり、見入りました。母、明美は夫の浮気癖を知りながら明るくふるまい、旅館を切り盛りします。演じたのは、昨年のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の須藤理彩さん。心の陰影の表現が絶妙でした。コズエのオカアサン役につみきみほさん、大人なのに子供たちとばかり一緒にいる青年、ドノ役には村上純さん。それぞれ個性豊かで愛嬌あいきょうがあり、作品に味わいを与えました。

映画「まく子」少年サトシの両親

 監督は、初の長編映画『くじらのまち』(2012年)が第63回ベルリン国際映画祭で上映されるなど、国内外で高く評価されている鶴岡慧子さん。「映画化は難しい」とされていた原作のエッセンスを忠実に抽出し、映像ならではの手法で表現。登場人物の心を丁寧にすくい取る感動作に仕上げました。原作者の西加奈子さんも絶賛しています。特に、ラストの幸福感はすばらしい余韻が残ります。

 主題歌は、シンガーソングライターの高橋優さんが書き下ろした「若気の至り」。思春期の揺れる気持ちをせつないメロディーに乗せて歌います。

 全国の上映館などの情報は、公式サイト(http://makuko-movie.jp/)をご覧ください。

『まく子』

公開
2019年3月15日(金)
出演
山﨑光、新音、須藤理彩、草彅剛、つみきみほ、村上純(しずる)、橋本淳、内川蓮生、根岸季衣、小倉久寛
原作
「まく子」 西加奈子(福音館書店刊)
監督・脚本
鶴岡慧子
主題歌
高橋優「若気の至り」(ワーナーミュージックジャパン/unBORDE)
配給
日活
広告

コメントをどうぞ