長浜鮮魚市場の「市民感謝デー」 マグロの解体ショーも!

 長浜鮮魚市場(福岡市中央卸売市場鮮魚市場、福岡市中央区長浜3-11-3)で毎月、「市民感謝デー」が開かれています。いつもは関係者しか入れない市場が市民に一部、開放されます。3月の開催日は9日(土)です。市場の雰囲気を楽しみながら、買い物を楽しんでみては?

 福岡と言えば「おいしい魚」。玄界灘や東シナ海などでとれた新鮮な魚介類が取引されるのが、ここ長浜鮮魚市場です。取り扱う魚種は年間約300種類と言われ、福岡都市圏はもとより、全国各地に魚を供給する国内有数の卸売市場です。

 とは言え、一般にはあまりなじみのない場所。そこで、市場で働く卸売業者や仲卸業者などでつくる福岡魚食普及推進協議会が、「市場や魚に親しんで、市民にもっと魚を食べてもらうおう」と毎月第2土曜日に市場を開放するイベントを始めました。

 会場では、鮮魚や加工食品の販売をはじめ、魚のさばき方や小学生限定のおすし握りの体験イベントを実施。魚に触ることができる「お魚ふれあいコーナー」もあります。人気の「本マグロの解体ショー」では、大きな包丁でマグロをさばく様子を間近で見た後、さばいたマグロを買うことができます。

 今回は、特別イベントとして春に旬を迎えるアサリのつかみ取りも予定しています。

 隣接する市場会館の前では、シーフードカレーやイカ焼きなどを味わうことができるフードコーナーも開設。完売と同時に閉店する店もあるので、お出かけはなるべくお早めに!

長浜鮮魚市場市民感謝デー

■時間  9日(土)午前9時~正午
■会場  福岡市中央卸売市場鮮魚市場
(福岡市中央区長浜3-11-3、092-711-6414)
■入場  無料
■駐車場 約140台(当日は午前7時から正午まで無料)

※4月は13日(土)に開催予定

広告

コメントをどうぞ