別れと出会いの季節 ホテル日航福岡「春のパーティープラン」 ワンランク上の歓送迎会に

 春。別れと出会いの季節。あなたの職場、学校などでもその日が近づいているのではないでしょうか。

 退官する大学の恩師、“片道切符”の転勤をする同僚、夢を胸に入社する若者――。人生の節目を迎える“主役”をどう送り、迎えるか。検討中の歓送迎会幹事さんも少なくないのでは。特に、ワンランク上のクオリティーが求められる場合は、頭を悩ませますよね(経験者は語る 笑)。

 そんな幹事さんにご紹介したいのが、ホテル日航福岡が今年も3月から展開を始めた恒例の「春のパーティープラン」。シェフが手がける季節感いっぱいの本格料理と厳選されたお酒を、質の高いサービスとともに堪能し、楽しく贅沢ぜいたくなひとときを過ごすことができます。笑顔が並び、話が弾むこと請け合いです。

 「春のパーティープラン」は和洋中のパーティー料理(冷製、温製、デザート)と、飲み物(ビール、焼酎、ワイン、ウィスキー、ソフトドリンク)を、立食または卓盛スタイルで楽しむことができます。メニューは例えば――

■立食スタイル

ホテル日航福岡 春のパーティープラン 立食スタイル

<冷製料理>
 蛤と春野菜のキッシュ、寒鰆の炙り 柑橘ソース、蒸し鶏の胡麻風味 春野菜サラダ、パテドカンパーニュ コルニッション
<温製料理>
 鱚彩り揚げと白身魚の串揚げ レモンとタルタルソース添え、すずきと香味野菜リエットのアルメット トマトクリームソース、チキンソテーと砂ずりの素揚げ 赤ワインソースで、ポークのステーキカットグリエ エピスの香り、牛バラ煮のトマト煮込み タイム風味、春キャベツ・じゃこ・梅肉のペペロンチーノ、山菜・山芋・浅蜊の和風ピラフ(国産米使用)
<デザート>
 各種デザート、コーヒー

■卓盛スタイル

ホテル日航福岡 春のパーティープラン 卓盛スタイル

<冷製料理>オードブル盛り合わせ
 鮭と野菜のパイ包み、寒鰆の炙り 柑橘ソース、蒸し鶏の胡麻風味 春野菜サラダ、パテドカンパーニュ コルニッション
<温製料理>
 すずきのポワレとトマト風味ライスコロッケ 香味野菜入りクリームソース、チキンソテーと砂ずりの素揚げ 赤ワインソースで、牛バラ煮のトマト煮込み タイム風味、ポークのステーキカットポワレ エピスの香り、山菜・山芋・浅蜊の和風ピラフ(国産米使用)
<冷製料理>
 なめ茸茶そば
<デザート>
 デザート、コーヒー

■飲み物(立食・卓盛スタイル共通)

 ビール、焼酎、ワイン(白・赤)または ウィスキー、ソフトドリンク

 ――といった具合。んもう、すばらしいラインアップ。これらをホテルシェフが技術の粋を尽くしてつくるんだから、喜びしかありませんね♡

 プランを利用できるのは、15人以上のグループ・団体。期間は4月30日までで、会場は七つある宴会場の中から日時や人数によって決まります。食事時間は2時間(22時まで)。お一人様の料金は立食8,500円、卓盛9,000円(卓盛はスタイルにより金額が変わります。お一人様300円でロングカクテルを追加できます)。要予約。

ホテル日航福岡 春のパーティープラン 料理

 大人数の利用には特典も用意。50人以上はペアお食事券を、100人以上はペアお食事券&ホテルギフト券を、参加者お一人ひとりにプレゼントします。

 行く人送る人、来る人迎える人。皆さんの大切な一日がステキな思い出になりますように――。

 詳細はホテル日航福岡のホームページ(https://www.hotelnikko-fukuoka.com/banquet/plan/225a5eb450cca3b.html)をご覧ください。

 ご予約・お問い合わせは、ホテル日航福岡営業部(092-482-1118、平日9時~19時、土日祝9時~17時30分)へ。

1989年7月開業 ハイクオリティな国際級ホテル

 ホテル日航福岡は、ホテルチェーン「ニッコー・ホテルズ・インターナショナル(NHI)」の国内8番目のホテルとして1989年7月8日、福岡市博多区博多駅前2に開業しました。JR博多駅から徒歩3分と、利便性に優れたロケーションに位置する国際級ホテルです。本館(地上14階、地下3階)と新館(地上3階、地下2階)からなり、ハイクオリティを意識した客室数は360。ワンランク上の上質な滞在を実現します。レストラン&バーの8店は、博多ならではの旬の食材にこだわった料理や、心温まるサービスでおもてなしします。コンベンション面では、国際会議や大規模イベントに対応できる2,000人収容の大宴会場「都久志の間」をそなえています。大小12の宴会場も用意しており、目的やシーンに合わせて選ぶことができます。

<文中の価格はいずれも税込み>
<写真はいずれもホテル日航福岡提供>

広告

コメントをどうぞ