ソラリアステージ「天神TOIRO」 地域の名店×全国区ショップ 日常に彩り

 福岡市・天神のソラリアステージ(西日本鉄道運営)は1999年の開業以来、若い世代にフォーカスした店づくりを進め、福岡のトレンドをリードしています。

 例えば、友達とコスパの高いランチをしたいとき、あるいは気の利いた誕生日プレゼントを探すとき。「とりあえずステージに行ってみる」派は、私の周りにもたくさんいます。その万能感は、数ある天神の商業施設の中でも異彩を放っています。

 そんな「勝ち組」のソラリアステージが、2019年4月の20周年を前に、新たな挑戦を始めました。

天神TOIRO 西鉄福岡(天神)駅の北口改札外コンコースをリニューアル・増床し、2018年9月末に新ストリート「天神TOIRO(といろ)」(2階・中3階)をオープンしたのです。雇用の現状や福祉の先行き不安などから、若い世代の購買が低下する中、大人にとっても魅力的な施設を目指す取り組みです。

 天神TOIROのコンセプトは、「大人の毎日を応援するスーパーデイリーマーケット」。スイーツやベーカリー、惣菜そうざい、フラワーなど、日常を彩るさまざまなジャンルの計24店(うち14店は新規出店)が並んでいます。

 しかも、商業施設初出店の福岡の人気店、東京や大阪の名店、天神エリア初出店の全国区店舗、新業態挑戦のお店など、キラリと光るショップぞろい。日常がちょっと華やかになる、質の高い商品とサービスを打ち出し、一般的な駅ナカとは一線を画しています。

 また、期間限定でお店が入れ替わるポップアップスペースを開設。季節感やトレンド、チャレンジ精神を感じる店舗を展開し、訪れる人の気持ちをアップデートできる場にします。

 名称の「TOIRO」には、<それぞれのショップが十人十色の楽しみ方を提案し、お客さまのくらしに豊かさと彩りを添える存在になりたい>との思いが込められています。

 あ、急ぎ足で通り過ぎようとした人が、ふとショーケースに目をとめ、すっと立ち寄りました。きっと満足のいく商品を手に、笑顔でお店を後にすることでしょう。そう。天神TOIROは「気軽さ」と「ステキ」のあんばいがいい。都会的であり、天神らしいと思うのです。

 仕事帰りやショッピングの合間に、お呼ばれのおみやげに、旅行の思い出に――。天神の新しい駅のマチは、私たちのさまざまなシーンに寄り添ってくれます。

 福岡のど真ん中で輝きを放つ天神TOIRO。このシリーズでは、新規店を中心に話題のショップを紹介していきます。
広告

コメントをどうぞ