[ひよこの巣穴]第2回 絵の資料になりそうな建物いっぱい! 門司港に行ってきたの巻

 どうもこんにちは。空鳥ひよのです。

 第2回は門司港レトロ地区に行ってきたというお話になります。

 ……というのも、実は福岡に住んでもう数年はつのですが、まったく行ったことがなかったのです。

 行ってもせいぜい小倉まで。なので、せっかくだから行ってみようかなーとなりまして、去年の11月に行ってきました。

 事前にちょこちょこ調べていたのですが、個人的に思っていたのは……「意外と小倉から遠くなかった」……でした。実は結構距離あるんじゃないか?と思っていたのですが、そうでもなく……という。

 まあ、そんなお話は置いといて。いざ、出発。

 小倉から電車に乗って揺られつつ、門司港駅へ到着。改札を通り抜けるとそこには……

 門司港駅だー!とはしゃいで写真を撮る私。すごく大きくて存在感がすごい駅でした。

 駅を見た後は気になっていたところへ向かいます。

2 その場所は、国指定重要文化財の「旧門司三井倶楽部」。

 とても古い、まさにレトロな街にふさわしい建物。中に入ると雰囲気は一変。懐かしい空気が満ちたお屋敷でした。

 2階は有料スペースになります。大人は100円で入れたので、お金を払って早速2階へ。

 階段がとてもきれいで、思わず激写。これは絶対絵で使えると思い、何枚か撮っておきました。

 階段の先には、アインシュタイン博士が実際に泊まったというお部屋がありました。その奥へ進むと林芙美子記念室がありましたが、こちらは撮影禁止ということ。

 アインシュタイン・メモリアルルームは解説もあるのでそちらを楽しみつつ……部屋の家具やらなにやらがもうたまらない。資料の宝庫だー!と思いここでも撮影は続く…

 部屋には古い時計も飾ってありました。時計をテーマにした作品を作っているので、資料にと撮っておきました。

 2階はあっという間に回れるのですが、撮り残しがないようにと結構うろちょろしてました。

 絵の資料の宝庫であった旧門司三井倶楽部。大変ありがたい気持ちを抱え、次の場所へ。

 商業施設「海峡プラザ」でちょっとお買い物。ふら~っとしていたら、あるものが目に飛び込んできました。それは……

 ひよこのおまんじゅう!!!

 名前があったのですが、どういう名前なのかは忘れました。すみません……。

 見つけた瞬間に店に飛び込んですぐ注文したのは言うまでもなく。まさに当コーナーにふさわしい食べ物です。中身はカスタードでとても美味しかったですよ!

 最後はお土産を買って帰りました。最近ネットで有名になったねじ型のチョコ! 本当に締めることができるとは……。

 まわる所が限られてしまいましたが、それでもとても楽しめました。また、レトロな雰囲気を楽しめるので、そういうのをテーマにした作品を作っている方はさらに楽しめるかと。

 最後の締めの1枚は旧門司三井倶楽部にて撮影した、あの階段の写真を使った絵! 写真は自分で撮ったら絵の資料等として気軽に使えるのでいいですよね。

 私は珍しい建物を見つけたら積極的に写真を撮っては資料にしています。場所によっては撮影禁止だったり、許可が必要だったりしますので撮影マナーは守りましょう! どうかな?と思ったら都度、施設の方に聞くのが一番だと思います。

 というわけで、門司港レトロ地区探索(といっても小規模でしたが)いかがでしたでしょうか。

 もしも行く機会があればぜひ訪れてみてくださいね。それではまた次回。

空鳥ひよの プロフィール

福岡県生まれの関東育ち。数年前に福岡へやってきた。

ウェブ上でオリジナル作品を公開するほか、福岡を中心とした同人活動も行っている。

絵と文をメインで活動中。主にファンタジー系の作品を得意としている。

好きなものは絵を描くこと、ゲームやアニメ、特撮作品、ひよこやペンギンといった鳥の生き物。

ブログサイト
http://hiyo04skygarden.blog13.fc2.com/
Twitter
@Hiyono_Soradori
広告

コメントをどうぞ