キャンプ初の休日 新人7選手、乗馬体験でリフレッシュ

 宮崎市の生目いきめもり運動公園で春季キャンプを行っている福岡ソフトバンクホークス。2月4日は初めての休日となり、新人の7選手は市内の牧場で乗馬を体験し、リフレッシュしました。

 小学生の頃に経験したというドラフト5位の水谷瞬選手(島根・石見智翠館高)以外は初体験。どの選手も最初はおっかなびっくりで馬にまたがっていましたが、運動神経の良さもあってか、すぐに慣れて楽しいひとときを過ごしました。かわいらしいポニーの芸も見学。終始リラックスした表情を見せていました。

 ドラフト7位の奥村政稔まさと投手(三菱日立パワーシステムズ)は「宿舎でだらだらしているよりは、ずっと良かった」と話していました。(M)

ホークスEye24 キャンプ初の休日 乗馬体験

ホークス❤️Eye
福岡ソフトバンクホークスに関する情報などを、読売新聞の担当記者がお伝えします。
広告

コメントをどうぞ