リピーター次々 辛さ5段階、新RAMEN「魚介豚骨 スパイスカレーつけ麺」 ロンドン発祥「英国昇龍」(警固・サウスガーデン)がホットなのだ!

 さすがに寒いなぁ。1月も中旬になると。インフルエンザも猛威をふるっているし、体調管理には気をつけたいですね。

 ところで、皆さんはどんな方法で体調を維持していますか。

 わたくしが心がけているのは、1日1回は体を温める食事をとること。あくまで個人的な感覚であり、科学的根拠はありませんが、朝は大きめのカップでスープ類を飲み、夜は鍋料理、おでん、ラーメンをよく食べます。

 なかでもラーメンは、昼も夜もチョイスしやすいので、食べる機会が増えます。最近は味もスタイルもバラエティー豊かだし、そもそも好みは十人十色。一家言をお持ちのご同輩も多いことと存じます(笑)。そ、それを承知で、不肖わたくし、この時期にぴったりのおすすめの一品をご紹介したいと思います。

 その名は、新RAMEN「魚介豚骨 スパイスカレーつけ麺」。そう、最近は専門店も目にする「つけ麺」系です。提供するお店は、英国・ロンドンを発祥とする「英国昇龍」。中央区・上人橋通りに面する商業ビル・サウスガーデンの1階、和洋ミックスのおしゃれな外観が目をひきます。

 先日は夜、おじゃましました。

 店内は白と黒を基調としたモダンな内装。抑えめの照明が大人なムードを演出しています。

 注文したのはもちろん、「魚介豚骨 スパイスカレーつけ麺」。サーブされたどんぶりに中には、数十種類のスパイスを混ぜ込んだ英国仕込みのカレーに、博多伝統の豚骨スープを合わせた濃厚なカレースープ。魚粉、あぶりチャーシュー、青ネギ、のり、そして唐辛子ミックスがトッピングしてあります。辛さは唐辛子の量で調整でき、0.5辛、1辛(基本)、2辛、3辛、4辛の5段階から選べます。

 ――ちなみに、英国はかつてインドを統治していたことから、カレーは今でも人気の料理。明治時代、わが国にカレーを伝えたのも英国でした――

 さぁ、よくかき混ぜたら、いただきま~す。

 はしにとった麺は、のどごしの良い太めの縮れ麺。カレースープにつけると、いやぁ、よく絡んでくれます。量は通常のラーメンの3倍にあたる240グラム(120グラムのハーフサイズもあり)とたっぷり。足りなければ追加もできます。

 さてわたくしは、4辛を注文。唐辛子ミックスは段階的に溶かし込み、辛さの変化を楽しみました。4辛になるとかなりなわけですが、カレースープのうま味が深~いので、まろやかさのある上品な辛みに感じました。テーブルには唐辛子のほか、こしょう、ハバネロも用意されています。あ、あと、ごはんを注文して“カレーライス”にする食べ方もありますよ~。

 いやぁ~、おいしくて楽しめる。昨年9月に提供を始めて以来、リピーターが続出しているっていうのもうなずけます、ほんと。

 それからね、この日は数あるメニューの中から、昇龍焼餃子ギョーザと生ビールもいただきました♡ 言わずもがな、全体の相性は抜群。大、大満足でした。

 ――上人橋通りに出ると、少しホットなほおに冷たい風が心地いい。おしゃれながら、夜はちょっぴり魅惑的な雰囲気も加わっている……。わたくし、通り向かいの今泉地区に4年ほど住んでいたことがあるのですが、やっぱ好きだなぁ、この辺り――

 国体道路に向かいつつ、ふと振り返ると、お店の暖簾のれん提灯ちょうちん、「EIKOKU SHORYU」のネオンサインが浮かび上がって見えました。センスがいいし、この通りに似合うなぁ。なんて思いながら、角を曲がりました。

 「魚介豚骨 スパイスカレーつけ麺」の料金は、基本麺(240グラム)1,250円、ハーフ麺(120グラム)1,150円。

 他のメニューや料金などについては、英国昇龍のホームページ(https://www.eikokushoryu.com/)をご覧ください。

 と、ここまで読んでくださった方に、耳より情報を一つ。英国昇龍さんのご協力で近く、お得な情報をお知らせします。お楽しみに!

英国昇龍(エイコクショウリュウ)

〒810-0023 福岡市中央区警固1-6-56 上人橋通り サウスガーデン104号
TEL 092-732-3202
Mail eikokuj@gmail.com
URL http://www.eikokushoryu.com/

<文中の料金はいずれも税込み>

広告

コメントをどうぞ