ローカルの「いいもの」集めたショップ&カフェ🎁「アウトドアでも気軽に」⁉人気のおいなりをぜひ🍬

 福岡市中央区赤坂のけやき通り沿いにある「&LOCALS(アンドローカルズ)」は、九州・山口など地域の食材を販売するお店。その名の通り「ローカル」にこだわった品ぞろえが特色です。中でも人気はキャンディーのように包まれたかわいい形の手作りおいなり。実はこれも各地の特産品を素材に使った逸品なのです。

 ガラス張りの開放的な店内に入ると、目につくのがお茶やコーヒー、調味料、野菜、コメなど様々な食材。そのかたわらに、「まさ子さんの万能酢 伊万里」「秀ちゃん椎茸 山口県美祢市」「鞍手 養鶏場直送たまご」など産地や生産者を紹介するポップが添えられています。

 お店のコンセプトは『地域のいいものを紹介するお店』。スタッフの平野さんは「お客様にいいものを身近に感じてもらい、都会と田舎の橋渡しができれば……。どんな人が作っているかを知ることで、『(産地に)行ってみよう』と思ってもらえるとうれしいですね」と話します。

 看板商品のおいなりは4種類。「基本のじてんしゃおいなり」(120円)は、長崎県・雲仙の郷土料理「自転車飯」をベースに商品化しました。福岡県の英彦山・津野のコメに佐賀県・伊万里産のもち麦、長崎県の有機野菜とイリコを混ぜて炊き、「まさ子さんの万能酢」を加えた酢飯は、「もちもちした食感でおいしい」と評判。これを無添加の出汁で煮た国産のおあげに包み、キャンディーのように包装しています。

 「英彦山 りんご蜂蜜おいなり」(140円)は秋に販売を始めた新作で、英彦山でとれたリンゴと蜂蜜が入ったスイーツ感覚のおいなり。ほかに、キクラゲの食感と柚子胡椒の香りが楽しめる「添田町 木耳柚子胡椒おいなり」(150円)、ショウガと金ゴマで香味豊かに仕上げた「八代 ジンジャー胡麻おいなり」 (150円)があります。

 いずれも片手で食べることができ、「手が汚れず外でも食べられる」と人気。お出かけ用に、とグループで数十個をまとめ買いする人もいるそうです。店内にはカフェスペースもあり、お茶やコーヒーと一緒に味わうこともできます。

 店舗は11月に開業1周年を迎えました。今年7月にはイムズ店(福岡市中央区天神、イムズ3階)もオープン。平野さんは「これからもローカルにこだわったいいものをどんどん紹介して、お客様の生活に寄り添っていきたい。気軽に立ち寄って、手に取ってみてください」と呼びかけています。

&LOCALS(アンドローカルズ)
福岡市中央区赤坂3-7-14 TEL/092-791-4700
営業時間/11:00~19:00
定休日/日、月曜(年末年始は12月30日~1月7日休み)
※おいなりのラインアップは季節によって変わることがあります。
※価格は取材当時、税抜き。

広告

コメントをどうぞ