「劇団EXILEの代名詞になる作品」 公開中の映画『jam』 出演の町田啓太さん、秋山真太郎さん、野替愁平さんが来福会見 「SABU監督らしい遊び心」「作品とロケ地・北九州がマッチ」

 クセのある男3人を中心に「因果応報」を描いた映画『jam』は、鬼才・SABU監督のもとで劇団EXILEの9人が総出演して注目を集め、公開後も独特の疾走感、世界観が話題になっています。メンバーのうち町田啓太さん、秋山真太郎さん、野替愁平さんの3人は、公開に先立って福岡で記者会見。作品や演技について熱く語りました。ユーモアやサービス精神も忘れず、ほんとステキな俳優さんたちでした♡

 記者会見は11月23日(金)、福岡市のT・ジョイ博多(JR博多シティ9階)で開かれた特別上映会の前に行われました。町田さんはスーツ系、秋山さんはカジュアル系、野替さんはモード系のファッションに身を包んで登場。それぞれの個性を出しながらも、色味はブラック系で統一し、強いバディ感が漂いました。

――完成した作品を観た感想と、アピールポイントを。

秋山 作品はまず、オフラインのときに観ました。音声が入っていなかったわけですが、それでも面白かった。(出演した)一人ひとりがうまい、とも感じました。オフラインでこれだけ面白かったらこれはもう大丈夫、と確信しました。劇団EXILEのメンバーは、これまで舞台は何度もやってきたのですが、9人全員が(舞台以外の)一つの作品に勢ぞろいするのは今回が初めてです。その意味では、今作は僕らの代名詞になる、いわゆる「作品」になったのではないかと思います。そこがアピールポイントです。

町田 映画の中には、自分の目で(制作現場を)見ていないシーンもあるわけですが、自分が想像していた仕上がりとこれだけギャップが激しい作品は今までなかった気がします。(すごい、という意味で)SABU監督の頭の中をのぞいてみたい気持ちになりました。登場人物はそれぞれどこかネジが飛んでいて(笑)、その飛び方も色濃いわけですが、SABU監督の演出によって、見事に一つの作品を織りなしています。観る人の視点によって、あるいはどの人物を主体に観るかによって、面白みもかなり変わるようになっています。『jam』というタイトルにはSABU監督の遊び心を感じます。ネーミング通り、いろんなものを詰め込むだけ詰め込んであるわけですが――アクション、バイオレンス、笑い、ラブストーリー、ヒューマニティーというように――それらはすべてきちんとつながっています。そんなすばらしい監督と僕ら劇団EXILEが仕事をさせていただいたこと、そのこと自体が見どころになっていると思います。劇団メンバー全員出演でつくり上げることができたことにも高揚をおぼえました。

野替 僕は最初に台本を読んだときに、あまり深読みしない方がいい作品だと感じました。ですから、(青柳翔さん演じるアイドル演歌歌手)横山田ヒロシの付き人役を演じる際も、ヒロシだけをみることに徹しました。映画は、観る人の想像力を刺激する、すごく面白いものになっています。僕はエンドロールになってからも登場するんですけど、その内容は劇団EXILEの作品らしいのかなと思っています。

――ロケは北九州市で行われました。エピソードを。

秋山 みんなで同じホテルに連泊して臨みました。初日は、町田くんの「神様が見えちゃうシーン」の撮影で始まったんですけど、その日は朝から寒くて、初雪が降って、幻想的なクランクインになりました。それにしても、むちゃんこ寒かったです(笑)。

町田 それでも撮影のときにはバシっと晴れて、僕の「神様のシーン」も順調に撮れました。あるカットのときに、SABU監督が『いや~、いいねぇ』『いい風と光が入ってきてねぇ、これはうまくいくよ~』ってニンマリしてくださったんですけど、そのカットはまったくもって、使われていませんでした(笑)。

――作品の世界観と北九州の街がマッチしている。

秋山 チンピラが街を練り歩くシーンでは旦過市場の狭い路地を使ったりと、よくマッチしていると思います。シーンと街がなじんでいるので、僕らもお芝居しやすかったというか、やりやすい環境で演技させていただきました。

――SABU監督らしい疾走感を感じる作品。監督の演出手法は。

野替 僕は派手なシーンはなくて、横山田ヒロシがステージに出る前にストレスなく準備できるよう、(いいタイミングで)ヘアスプレーを渡したりとか、決まり切ったルーティーンをスムーズにこなしていきます。監督にはそこを褒めてほしいなぁと思ったんですけど、そうではなくて妖しさのようなものを『いいねぇ』ってすごい言われて(笑)。普段はそういうことを言われることがないのでうれしくて。褒めてくださっていたのかどうかは分からないんですけど、僕はそれで調子に乗っていました(笑)。

――女性的な魅力という部分?

野替 というよりは、筋肉質の体と、ジャストよりややタイトめ(ファッション)のサイズ感と、金髪で眉も鋭い感じが妖しく見えたのかなって。持っているかごもかわいくて、スーパーで買い物をするお母さんみたいな感じで提げていましたし。こうやって(ひじの内側の少し先に)掛けてみたらしっくりきて、真剣に演技していたら、妖しいと(笑)。僕の中では褒め言葉でした。

町田 SABU監督はすごいアイデアマンで、自分の中で絵コンテが全部出来て、それから台本をおこすらしいです。頭の中で映像もばっちりイメージできるなんてめちゃめちゃすごいし、台本を書き上げるスピードもすごく速かったですね。監督とは、台本が出来上がる前に、他のメンバーと一緒に面談させていただきました。その後、今回の(彼女の意識回復を願い、迷信を信じて善行に励む青年)役をいただいたんですが、監督の中では僕はどこか“変態”感があったのか(笑)、ただの好青年では決してなくて。だから例えば、(寝たきりの彼女の唇に)リップクリームを塗るシーンでは、あえてねっとりやったりしました。ハンドクリームを(彼女の手に)塗るシーンでは、監督から「エロく塗って」というリクエストもありました。そんなこんなで、乗りに乗ってやっていたら、「いいね、気持ち悪いねぇ」と言われて(笑)。これも褒め言葉と理解してるんですけど、現場の女性スタッフさんからも「いやぁ~」「キモ~い」とか言われました(笑)。とにかく楽しかったし、新感覚でしたね。SABU監督の遊び心がちりばめられた演出だと思います。

秋山 僕の場合は、監督からのディレクションはほぼなかったですね。内側から出てくるものだけでリアリティーを撮りたい方だと思うんで、過剰な芝居は好まれないのかな、と感じました。僕と、(同じヤクザ者役の)八木将康くんのファーストカットのテストをした時、SABU監督が口にしたのは「うますぎる」という言葉でした。だから、逆にもう少しぎこちなくやってほしい、というようなことを言われて。そのディレクション以外はほぼなかったですね。

――登場人物の詳しい説明はなく、前に前にとストーリーが進んでいくのが印象的でした。それぞれの役を演じるうえで、難しかったり気をつけたりした点は。

野替 僕は音楽の世界でも活動しているので、すごくやりやすかったですね。この役をいただいて、台本を読んでから、実際に自分がライブに出るときのマネジャーさんや裏方さんたちの動きをあらためて見て、演技に取り入れました。例えば(薄暗い舞台裏での)ペンライトの使い方とか、いろんな部分を参考にしました。

町田 僕が演じた青年は、恋人が不幸な目に遭って意識不明になり、どうしても助けたい。それで神頼みしたら、神様が見えちゃって、善行を重ねれば願いはかなうと本当に信じています。善いことをしようと思って日々やっているんだけど、もはや本当にそれが善いことなのかどうかも分からなくなってしまっているし、愛情がいき過ぎてちょっとした変人感も出ている。僕は神様が見えたことはないので(笑)、かなり難しい役だなというのは正直あったんですけど、それくらいのめり込んでやればいいのかなと思っていたので、SABU監督に相談しながらやらせていただきました。説明されていない青年の背景に関しては、いったいこの男はどんな人物なんだ、と考えました。どんな仕事をしているのか分からないし、善行をしようといつも車を走らせているだけなのに日常生活は成り立っている。この男は何なんだろう、って。で、クランクインしてから監督に聞いたら、「うん、ボンボンなんだよね」と。うすーくは分かっていたんですけどね(笑)。ボンボンといっても、本当に育ちが良かったり、実はアウトロー育ちだったりといろいろなので、どっちにも見てもらえるように気をつけました。作品の結末については、ちゃんと迎えているようで、迎えていないような含みがあります(この記者会見の後、12月1日の公開初日に続編制作が発表されました)。だから最後、病室に横たわる彼女を前にしたリアクションも、(願いが叶ったか叶わなかったか)どちらにもとれるような、でもたぶん叶っただろうというような微妙な状況設定になりました。こうした部分も楽しんでほしいですね。

秋山 前に前に、というのが興味深いなと思いました。俳優は役づくりや背景づくりが重要と言われるんですけど、僕は今回あえて、どちらもほぼやっていません。それでも、『あぁ、この男はこういう風に生きてきたんだろうな』と、観客の方々に思っていただける仕上がりになっています。SABU監督は一つひとつのシーンをつくることを大事にしつつ、ほんとに(ストーリーを)前に前に進めていく。背景をつくるのは観客の方々だ、みたいな感じで。出来上がった作品を観たとき、そういう手法もあるんだなって、すごく勉強になりました。

――(横山田ヒロシを監禁する向井昌子役の)筒井真理子さんの印象が強烈でした。(町田さん演じるタケルとの絡みもあった)その演技について感想を。

町田 筒井さんはもう、『(受け止めるから)どんな演技でもやって』というようなスタンスでいてくださいましたし、気遣いの細やかな方でした。一方で、思い切った演技をするときはすごい迫力だったので、筒井さんのシーンは「今度は何をしてくださるんだろう」とすごい楽しみでした。出演してくださったことで、劇団EXILEの色もより引き出していただいた気がします。印象に残っているのは、僕らと筒井さんが車に乗っているシーンの撮影直前のこと。僕らがセリフ合わせをしていたら、筒井さんがしみじみと「いいねぇ、劇団なんだねぇ」って。何だかうれしくて、もっと頑張ろうっていう気持ちになりました。

あらすじ

 場末のアイドル演歌歌手・横山田ヒロシ(青柳翔)は熱烈な女性ファンに支えられ、ステージでは華やかに輝きながらも、いつも心に空虚感を抱えている。ある日のコンサート終わり。ファンの一人の昌子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま昌子の自宅に監禁されてしまう。

 タケル(町田啓太)は、瀕死ひんしの重傷を負った彼女の意識回復だけを願って生きている。「善いこと」を重ねれば意識が戻るという迷信を信じ、毎日必死に善行に励むが、なかなかかなわない。ある日、最後の善行として、偶然出会ったやくざ者2人を車に乗せる。

 刑期を終え、シャバに戻ったテツオ(鈴木伸之)は、自分を刑務所送りにしたヤクザに復讐するため、単身で事務所に殴り込みをかける。暴れまくった後、実家に帰ると、迎えてくれたのは亡き祖父の残像を探し求め、「迎えに行く」と言い張る祖母だった。当然、ヤクザの追っ手が迫っていた。

 同じ街に住むクセのある男3人。偶然にすれ違ったり、ひょんなことから出会ったりと、互いの人生がつかの間交錯し、微妙な影響を与え合う。そして、それぞれの「因果応報」を体験する――。

 作品は、福岡市のT・ジョイ博多、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13、ユナイテッド・シネマ福岡ももちなどで上映されています。

 全国の上映館など詳細は、『jam』公式サイト(https://ldhpictures.co.jp/movie/jam/)をご覧ください。

 3人は特別上映会の後に舞台あいさつもしました。その様子も近くお伝えします。

『jam』

公開日
2018年12月1日(土)
キャスト
青柳翔、町田啓太、鈴木伸之、秋山真太郎、八木将康、小澤雄太、小野塚勇人、佐藤寛太、野替愁平、清水くるみ、筒井真理子
監督・脚本・編集
SABU
エグゼクティブプロデューサー
EXILE HIRO
プロデューサー
宮崎聡、清水洋一、中林千賀子、小河原修、江良圭
アソシエイトプロデューサー
秋山真太郎

音楽:松本淳一、撮影:柳田裕男、照明:宮尾康史、録音:飴田秀彦、美術:林チナ、装飾:須坂文昭、衣装:小磯和代、メイク:橋本申二、特殊造形:中田彰輝、VFX:小坂一順、アクション:小池達朗、ガンエフェクト:遊佐和寿、助監督:石川浩之、湯本信一、製作担当:板井茂樹、キャスティング:東平七奈

製作
LDH JAPAN
制作
ディープサイド
配給
LDH PICTURES
広告

コメントをどうぞ