赤坂小学校で校区もちつき大会👨‍👨‍👧‍👦子どもも親も地域の人もみんな集合‼

1 福岡市立赤坂小学校(福岡市中央区赤坂2)の校庭で12月8日(土)、恒例の校区もちつき大会が開かれ、赤坂小や警固中の生徒と保護者、地域の人たちでにぎわいました。風も冷たくなり、ようやく冬らしくなってきたなぁと思っていたところ。街も歳末らしいいろどりを増してきたみたい。

 赤坂校区自治協議会 青少年育成協議会が主催。もち米70キロを蒸して4つの石臼でもちつきを行いました。

 地域の人たちや、同小の父親を中心とした「赤小おやじの会」のメンバーがサポート。蒸し上がったもち米を石臼の中でこねて、ぺったん、ぺったんと杵でついてお手本を示すと、今度は子どもたちも挑戦。小さな子は、大人に手伝ってもらいながら、杵を振るっていました。

 同中の運動部員も応援に駆けつけ、小中学生の世代間交流にもひと役買っているようでした。

 つき上がったもちは、あんやきな粉、大根おろしなどを付けて、みんなでおいしそうにほおばっていました。

 育成協の脇田清隆会長は「マンションが多い地区ですが、こういう行事でコミュニケーションの輪を広げたい」。おやじの会の佐野直樹会長は「一緒にやることでいろんな世代の人たちのふれあいにつなげることができたら、と思います」と話していました。

広告

コメントをどうぞ