福岡城の多聞櫓たもんやぐら😀イベント利用を募集中‼「知って、使って、楽しんで」🎊

2 福岡市中央区の「舞鶴公園」南側にある多聞櫓は、江戸時代から城内に残る数少ない建物の一つ。国の重要文化財に指定され、今も大事に守られているんだ。普段は入ることができない建物だけど、「市民にもっと親しんでもらおう」と、福岡市がイベントなどでの活用を呼びかけているよ。

 正式名称は「福岡城南丸多聞櫓」。旧福岡城の櫓のひとつで、南北に置かれた2階建ての「隅櫓すみやぐら」2基と、これを結ぶ「平櫓ひらやぐら」で構成されています。1971年12月に南側の隅櫓と平櫓が国の重要文化財に指定されました。北側の隅櫓は72年から75年にかけて行われた保存修理工事で復元され、現在は管理棟として使われています。

 福岡市史跡整備活用課長の長家伸さんによると「多聞櫓はもともと福岡城の南丸をコの字形に囲っていました。現存するのはその1辺だけですが、門を入った左側には櫓台(櫓の跡)があり、当時のなごりを確認できます」。

 平櫓の中には、板張り・土壁の部屋が16室あり、江戸時代は物置や倉庫として使われていたそうです。春に開かれる「福岡城さくらまつり」などで一般公開されていますが、通常は非公開。

 しかし、2016~17年の改修工事を機に、市は「貴重な文化財を広く知ってもらおう。使ってもらうことで建物の劣化を防ごう」との思いから、市民への貸し出しを決めました。活用しながら保存を図る試みです。

 利用できるのは、建物内部と東側にある南丸広場。市は希望を受けた後、催しの内容や使用方法などを確認した上で、許可するかどうかを決めます。前提として火の使用はできません。

 11月には盆栽の展示とワークショップのイベントが開かれ、その後も問い合わせが寄せられているようです。

 長家さんは「展示会や学習会などの利用を想定していますが、活用の仕方はまだまだあるはず。いろいろな使い方を提案してください。まずは電話で相談を」と呼びかけています。

 問い合わせは、福岡市史跡整備活用課(092-711-4784)へ。

 貴重な文化財だから、大事に活用してね。櫓のあたりは静かで落ち着いた雰囲気。この時期は落ち葉が道いっぱいにあふれていて散歩するのも楽しいよ。
広告

コメントをどうぞ