いざゆけ!若鷹 ホークス新入団選手11人が記者会見✨ ドラフト1位・甲斐野投手「ストレートと気持ちで打者ねじ伏せる」 摂津投手の背番号受け継いだ4位・板東投手「うれしい」と笑顔

 輝け若たかたち!――。福岡ソフトバンクホークスの新入団選手の記者会見が6日、福岡市内のホテルで行われました。育成選手の4人を含むドラフトで指名された計11人の新入団選手は、真新しいユニホーム姿で記者会見に臨み、プロになった喜びや目標を口にしました。

 160キロ近い直球が自慢のドラフト1位・甲斐野ひろし投手(東洋大)は、背番号「20」となりました。甲斐野投手は「球速にはこだわりがある。打者をストレートと、気持ちでねじ伏せたい」と気合十分でした。

 ドラフト4位の板東湧梧ゆうご投手(JR東日本)の背番号は「50」。今季まで摂津正投手がつけていた番号です。これまで板東投手は、同じく社会人野球チーム出身の摂津投手の投球も参考にしてきました。それだけに、「そういう投手の背番号をいただけてうれしい」と、喜びをかみしめていました。(O)

ホークス❤️Eye
福岡ソフトバンクホークスに関する情報などを、読売新聞の担当記者がお伝えします。
広告

コメントをどうぞ