第8回「冬のあったか&便利グッズ」 寒さ増す師走☃️ 自分に優しく💖おしゃれに✨ インキューブ天神店&東急ハンズ博多店でお見立てしてみました

 師走に入り、すっかり寒くなりましたね。12月2日の読売新聞福岡版「まち風くらし色」コーナーでは、冬に便利なおしゃれグッズを紹介しました。日常のいろいろな場面に取り入れて、楽しく冬を乗り切りたいですね。

 福岡市・天神の雑貨館インキューブ天神店では、M3階の特設会場で12月25日まで「あったかグッズ」を紹介しています。足先から太ももまでをすっぽり包める「毛布ソックス」や「冬のサンダル」など、寒さから守ってくれそうな商品がたくさんありましたよ。

 面白かったのは、「大山式コルクインソール」(1,944円)と名付けられた靴の中敷き。コルクなどが3層構造になっていて、薄いのに下からの冷気を遮断してくれるうえ、消臭・抗菌効果もあるそうです。ブーツは特に蒸れが気になるので、うれしいですね。外出時も足元の冷え対策に役立ちそう。自分の足に合わせて好みのサイズにカットできるそうですよ。

 冬になると静電気のバチバチが気になるという人は多いでしょう。身につけておくと静電気を軽減してくれるというブレスレットはいかがでしょう。見た目はすてきなアクセサリーで、デザインがとても豊富。価格は数百円から2,000円弱くらいまで様々です。ヘアゴムとしても使えます。ファッションに合わせて試してみるのも良さそうです。

 博多区の東急ハンズ博多店ものぞいてみました。電子レンジで加熱するタイプのアイピローやネックピローのほか、湯たんぽもたくさんありましたよ。中でも、抱っこできるぬいぐるみタイプの湯たんぽが気に入りました。ネコのキャラクターのカバーは手触りが抜群。かわいくてあったかいから、いつまでも抱きしめていたくなりそうですね。4,104円です。

 オフィスで手の冷えに悩む人は、アームウォーマーやハンドウォーマーはいかがでしょう。1,000円台でいろいろ種類があります。指先が出るので、パソコンを打つときも邪魔になりませんよ。

<文中の価格はいずれも税込み>

 地域に根ざした生活ニュースをお届けする読売新聞福岡版の新コーナー「まち風 くらし色」(日曜日掲載)で取り上げられた商品などを、写真をふんだんに使ってご紹介します。

 「まち風 くらし色」を連載中の読売新聞の購読に関するお問い合わせは、専用フリーダイヤル(0120-434381)へ。

広告

コメントをどうぞ