コツメカワウソ、ハリネズミ、モモンガ💘みんなカワイイ‼ 大名で小さな動物たちと遊んできたよ☺

2 福岡市中央区大名に9月にオープンした「コツメイト福岡大名店」は、動物園でも人気のコツメカワウソと触れあえるどうぶつ広場。カワウソたちを近くで見て、体をさすったりひざに乗せたりすることができるんだ。みんな0歳か1歳の子どもだけど元気いっぱい。きく丸があげたおやつのチーズをおいしそうに食べていたよ。

インドネシアからやってきたおともだち

 コツメカワウソは、東南アジアなどにすむイタチ科の動物。名前の通りツメが小さくてかわいいのが特徴です。乱獲や自然環境の悪化などで絶滅の危機にあるとされ、ワシントン条約で取引が制限されています。

 「コツメイトは、コツメカワウソの保護を目的にインドネシアの保護施設から正規輸入しています。カワウソの現状を知ってもらうとともに、運営収益の一部を現地に送ることで、多くの人に(間接的に)保護活動に参加してもらいたいと考えています」と話すのは福岡大名店の村上店長。店舗は東京に次いで福岡市が2店目。最近、名古屋市にもオープンしました。

 店に入ると、まずスリッパに履き替え、手を消毒。受け付けをすませて対面です。この日、店内にいたのは、「すーちゃん」(メス、9か月)、「桜ちゃん」(メス、7か月)、「YUKIちゃん」(メス、8か月)、「コナンくん」(オス、1歳4か月)、「トワちゃん」(メス、11か月)の5匹。

 中でも元気なのはすーちゃんで、ボールが入ったお気に入りのおもちゃで遊んでいました。トワちゃんもボールが大好き。顔のそばでくるくる回していました。でも、おやつのチーズをあげると、素早く受け取り、あっという間に食べてしまいます。コナン君は、ゲージの中でずっとお昼寝をしていました。

 ハリネズミとモモンガもいます。ハリネズミは、樽を半分に切った寝床で過ごしています。体中のトゲはものものしい感じですが、性格はおとなしくてちょっと臆病。サイズはちょうど手のひらに乗るぐらいです。すぐにボールみたいに丸くなりますが、しばらくするとボールの中からちょこんと顔を出してきます。モモンガは背中の毛がさらさらしていてまるで高級なカーペット。小さな口でミルクをぐびぐび飲む姿に癒やされます。

店内は温室のよう

 店内は室温が26度で湿度は52%。まるで南国か温室の中にいるような暖かさと湿気です。村上店長によると、「カワウソは寒さと乾燥が苦手。快適に過ごしてもらうために部屋は温度を26度前後、湿度は50%以上にしている」そうです。

 来店客の年齢層は、10代から70代まで様々。店内に一度に受け入れられるのは30~40人ぐらいで、週末になると順番を待ってもらうこともあるようです。村上店長は「ここではじかに動物たちに触れることができます。そばで見て、さわって、かわいさを体感してください」と話していました。

ルールを守って楽しんでね

 なるほど…。汗ばむような室内は、動物たちの体調管理のためなんだね。きく丸は頭巾をとることができないけど、みんなは身軽な服で来てね。動物たちはとても繊細。優しく接するのはもちろんだけど、ルールを守って楽しんでね。

コツメイト福岡大名店

・場所 福岡市中央区大名2-1-18 BROOM福岡5階

・電話  092-716-9498

・営業 平日11:00~19:00(最終受付18:30)、土日祝日11:00~19:00(同)

・料金(時間制)30分 大人1,300円、中学生以下1,000円

        60分 大人2,600円、中学生以下2,000円

広告

コメントをどうぞ