「MARK IS 福岡ももち」華やかにグランドオープン🎊 平日だけど人🚶‍♀️人🚶‍♂️人、そして笑顔😄笑顔😆笑顔でした 目指すは<地域に愛される💕商業施設> わたしたちも<育てる>意識持てれば

 福岡市中央区地行浜のヤフオクドーム隣、ホークスタウンモール跡地に11月21日(水)、商業施設「MARK IS(マークイズ) 福岡ももち」がグランドオープンしました。初日から開業キャンペーンを展開したこともあり、平日にもかかわらず館内は文字通り、人、人、人。だれもが好奇心や買い物意欲(笑)に満ちた表情で回遊を楽しんでいました。ショップでは商品が次々に売れ、飲食店も盛況で食事の時間帯には待機列があちらこちらに。オープンに先立っては記念セレモニーが行われたほか、地元テレビ局が情報番組の仮設スタジオを設けて生中継。館内の装飾や店頭のポップなども相まって、華やかな雰囲気に包まれました。

 セレモニーは1階エントランスで行われ、マークイズ福岡ももちの安部郁夫館長が「地域の皆さまに長く愛される施設を目指して運営してまいりたい」とあいさつ。ゲストとして、ヤフオクドームを本拠地とする福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手が「ももちを一緒に盛り上げていきましょう」とエールを送りました。施設を開発した三菱地所の高橋哲也・商業施設開発部長、西南学院大学「ミス西南2018」の横山紗弓さんが加わってテープカット。入館を待って列をつくった約2,000人(一番乗りの方は午前4時から待機!)も一緒になってカウントダウンし、当初予定より30分早い午前9時30分に開館しました。自動ドアが開くと、スタッフやホークスのマスコットキャラクター・ハリーホークが拍手やハイタッチでお出迎え。入館した人たちは笑顔を見せたり、手を振ったりして、館内めぐりを始めました。

 直後に取材に応じた安部館長は「本日、お客さまをお迎えし、施設に『命』が宿ったというような感慨があります。地域の期待を感じ、プレッシャーもありますが、皆さんに楽しんでいただける施設運営に努め、福岡市全体の魅力アップにも貢献したい」と抱負を述べました。

 ホークスタウンモール時代からの課題である交通渋滞対策に関しては、駐車場の収容台数を1,300台とほぼ倍増したほか、行政と連携して施設前の交差点に左折専用レーンを新設したり、バス停の停車スペースを施設側に拡充したりしたことを説明。福岡市営地下鉄・唐人町駅間を結ぶ無料シャトルバスの運行(当面、11月は毎日、12月~来年1月14日は土日祝の予定)や、昭和通りなど離れた場所も含めた案内警備員の十分な配置なども挙げました。

 館内は、前日のプレオープンをはるかに超える来場者が詰めかけました。それでも、通路も店舗も余裕のある造りになっているので、歩きにくい感覚はありませんでした。実際、皆さん、笑顔でした。満足そうでした。限定商品を無事ゲットした人(抑えきれない喜びが表情に……笑)、セールでお得な買い物をできた人(紙袋をた~っくさん抱えている人、いました)、お目当ての飲食店で舌鼓を打った人(料理をスマホ撮影して二度おいしい!?)、屋外の広々としたデッキで一休みしている人(ドームなどの眺めがいい!)、写真を撮りまくっている人(わたくしもその一人で~す)――。それぞれが思い思いに楽しんでいるのが伝わってきました。個人的には、ベビーカーを押すお子さん連れが伸び伸びと、シニアの方がゆったりと過ごしている様子にほっこりしました。ちなみに、テレビ局の仮設スタジオは2階イベントスペースに設けられ、吹き抜けの3、4階からもたくさんの人が見学していました。

IMG_4578

 三菱地所が手がける商業施設の旗艦ブランド「MARK IS」を冠する「MARK IS 福岡ももち」は、天神以西では市内最大規模の商業施設で、新業態や福岡県内初出店を含め、衣料品や雑貨、飲食など163店舗が集積。三菱地所レジデンス(東京)などが建設中の分譲高層マンション「ザ・パークハウス 福岡タワーズ」(584戸)も一体的に開発されており、一つの“街”を形成します。きっと、天神や博多とは異なる「ももち」の魅力づくりの中核を担ってくれることでしょう。

 福岡で久しぶりに産声を上げた大規模な商業施設「MARK IS 福岡ももち」。ホークスタウンモールの経緯を踏まえると、みんなで<育てる>という意識を持てればいいな、と考えるのはわたくしだけではないはずです。じわじわ、で十分。そんな「気持ち」が広がれば、福岡ってさらに“最強”な都市になると思うのです。街づくりは<熱しやすく冷めにくい>でいきまっしょい!

「MARK IS 福岡ももち」のコンセプトやデザイン、各フロアの内容(テナント一覧付き)などについては、次のようにシリーズで紹介しています。ご参考にしてください。

「MARK IS 福岡ももち」と一体開発される分譲高層マンション「ザ・パークハウス 福岡タワーズ」については、以下のシリーズ記事をご覧ください。

「MARK IS 福岡ももち」施設概要

<全体街区>

所在地 福岡県福岡市中央区地行浜2丁目2番
敷地面積 約 54,400平方メートル
用途 店舗、住宅、駐車場

<商業施設棟>

敷地面積 約42,300平方メートル
構造・規模 鉄骨造
地上4階塔屋1階(本体棟)、地上8階(アネックス棟)
延床面積 約125,000平方メートル
店舗面積 約48,000平方メートル
店舗数 全163店
駐車台数 約1,300台
営業時間 物販店舗・フードコート 10:00~21:00
飲食店舗        11:00~22:00
※一部店舗を除く
着工 2017年6月1日
開業 2018年11月21日
設計監理 三菱地所設計・竹中工務店共同企業体
施工 竹中・錢高・小林・松本・坂下 特定建設工事共同企業体
運営管理 三菱地所リテールマネジメント株式会社
ホームページ http://www.mec-markis.jp/fukuoka-momochi/
広告

コメントをどうぞ