手軽に製本📖 思いを発信💓 アメリカ発祥「ZINE」 🎼音楽や旅🧳 テーマ自由🌟

 好きな写真やイラストをまとめたり、音楽や旅の話をつづったり――。米国発祥の手作り冊子「ZINE(ジン)」が、人気を集めています。インターネットで手軽に情報を発信できる時代ですが、自分で製本する楽しさが見直されています。

👐 手作りメディア

 もくもくと上がる湯気や、飼育施設で寝そべるワニ。『GAS(ガス)』というタイトルの冊子は、福岡市のグラフィックデザイナー三迫太郎さんが大分・別府温泉で地獄めぐりをした際に撮った写真をまとめたものです。

 左端をホチキスで2か所留め、上からマスキングテープを貼って仕上げました。青色と白色で表現する古い印刷手法で作っており、おしゃれな雰囲気です。A4判で1000円(税込み)。約20部をイベントで販売したところ、完売したそうです。

zine⑦_GAS

 ZINEは少部数だけ刷られた手作りのメディア。「MAGAZINE(マガジン)」などが語源とされます。日本では2009年頃から広がりました。「テーマも様式も自由。手書きでもいいんですよ」と三迫さんは話します。

 デザイナー仲間らと11年に「10zine(テンジン)」というグループを結成。福岡市・天神周辺や佐賀市でZINEの展示販売イベントを行ってきました。国内外で開かれる同様のイベントにも参加しています。出品者は雑貨店の店員やカメラマンなど多様で、100人ほどに上ります。「手作業の楽しさ、何を表現し、どう見せるかを考える楽しさがある」と魅力を語ります。

💗 紙の温かみ

 メンバーでグラフィックデザイナーの松本千里さんは、好きなアニメソングの魅力を文章と自作イラストで紹介した『アニメと音楽』(A5判、税込み500円)を発行しました。二つ折りにし、折り目を中とじホチキスで留めただけの簡単な作り。10部刷り、アニメ好きの人らが買ってくれたといいます。

 「ネットよりもZINEのほうが、読んでもらっている実感が強い。素材としての紙や装丁に興味があり、物として残したい思いもある」と松本さんは話します。

三迫さんの作品「GAS」(左上)をはじめ、自由な発想から生まれた作品の数々

 10月に福岡市で開かれた展示販売イベントには、約20人が出品。父との思い出をつづったり、カフェの紙袋で作った冊子に切り絵をあしらったり、おしゃれなクリップで1か所だけ留めたりと、どれも個性的で遊び心たっぷり。紙ならではの温かみも感じられます。

 三迫さんは「絵手紙などをZINEにまとめると、また違った見え方になるはず。幅広い世代に楽しんでほしい」と話します。

「アイデア次第で面白い作品ができます」とZINEの魅力を語る松本さん(右)と三迫さん

 10zineはイベントの際に出品者を募集しています。詳しくはホームページ(http://10zine.org/)をご覧ください。

💡 簡単なZINEの作り方

  1. 紙に文章を手書きし、写真を切って貼る。パソコンのソフトを使える人は文章や写真を編集してもいい。
  2. 好きな部数をコピーか印刷して端をホチキスで留める。
    ※文房具店で売っている「中とじホチキス」=写真=を使えば、より冊子らしくなる。針と糸でとじる「和とじ」や、製本テープで仕上げる方法もある。

📕 📗 📘 📙

福岡市のグループ「10zine」メンバーの作品をご紹介

 ZINEの展示販売イベントを開いている福岡市のグループ「10zine(テンジン)」のメンバーが作成した、個性的で遊び心あふれる作品をご紹介します。

MASS RAPID TRANSIT

 三迫さんの写真をまとめた作品。ZINEのイベントで台湾に行った際、地下鉄で移動しながら街の風景を撮影したそうです。印刷して角をホチキスで留めただけ。少し短い封筒も手作りし、本体を入れるとタイトル部分だけ飛び出るようになっています。ちなみに、「マス・ラピッド・トランジット(MRT)」は台湾の地下鉄のことだそうです。

rittaishi

 三迫さんの作品。薄くて片面がつるつるしたハトロン紙を使っています。ウサギのぬいぐるみの絵と、下の紙に描いてある綿の絵が透けて重なって見えるというアイデアが面白いですね。

京極街のねこぱんだ

 松本さんの作品。職場近くでよく見かける白黒模様の野良猫を1年ほど撮り続けたそうです。様々な表情が楽しめるアルバムに仕上げました。糸でとじて製本しています。

Cut&Collage

 10zineメンバーの作品。カフェの紙袋で冊子を作り、切り絵をあしらっています。細やかな手作業に目を奪われます。
zine④_カットアンドコラージュ

midnight kitchen

 佐賀県のメンバーの作品。ケーキなどのレシピをクリアファイルに入れ、クリップで留めただけ。シンプルだけど遊び心もたっぷり。
zine⑤_ミッドナイトキッチン

わたしの好きな映画10選

 佐賀県のメンバーの作品。好きな映画をイラストで表現したそう。出演者らの名前まで書き込むなど、愛情とこだわりが感じられます。紙の帯でまとめるというアイデアも独創的。

 <11月9日付読売新聞くらし面に掲載された記事を再編集し、新たな原稿を加えたものです>

読売新聞の購読に関するお問い合わせは、専用フリーダイヤル(0120-434381)へ。
広告

コメントをどうぞ