行って🚶‍♂️見て👀撮って📸きました!! 「MARK IS 福岡ももち」竣工、館内共用部の一部公開 11月20日(火)プレオープン、21日(水)グランドオープン・開業キャンペーン開始🎊👏 もうね、これは一つの「街」です 地域とともに“成長”の物語を🥰

 福岡市中央区地行浜のヤフオクドームに隣接するホークスタウンモール跡地の複合再開発で、三菱地所(東京)が開発した商業施設「MARK IS(マークイズ) 福岡ももち」が11月15日(木)に竣工し、館内共用部の一部が公開されました。20日(火)のプレオープン(10時~20時、だれでも入館可)を経て、21日(水)にグランドオープン。初日から開業キャンペーンを展開します。本日は写真をふんだんに使って館内外をご案内――。

 まずは、おさらいを。

 「MARK IS」は三菱地所が手がける商業施設の旗艦ブランドで、ネーミングには<街とともに成長し、人々に長く深く愛され続けるランドマークでありたい>という願いが込められています。「MARK IS 福岡ももち」は、天神以西では市内最大規模の商業施設で、新業態や福岡県内初出店を含め、衣料品や雑貨、飲食など163店舗が集積。「MARK IS」としては静岡市、横浜市に続く3か所目にして最大級です。三菱地所レジデンス(東京)などが建設する分譲高層マンション「ザ・パークハウス 福岡タワーズ」(584戸)も一体的に開発され、一帯の環境整備も進んでいます。規模といい、機能といい、んもう、これは一つの「街」が誕生した、と言っていいでしょう。天神、博多に続くエリア形成に向け、中核的な役割を果たしてくれるのでは。そんな期待が膨らみます。

 ということで、次は「MARK IS 福岡ももち」からのメッセージをお届けします。

 ハレの日のおでかけにも、いつもの日のよりみちにも、「今日は、どんな心地いいことが待っているんだろう」と楽しみになる。そんな場所をめざして、私たち「マークイズ福岡ももち」はオープンします。誰とでも、ひとりでも、なんどでも。マークイズ福岡ももちならではの「ここちよさ」に出会っていただけるように、たくさんのモノやコトをご用意して、皆様のご来館をお待ちしております。

 「MARK IS 福岡ももち」は“百道”の名にちなみ、イベントや企画など様々な情報を「〇〇ごこち」という名称で発信していきます。早速、グランドオープンからクリスマスまでの間、開業キャンペーン「はじめてごこち」「メリクリごこち」を連続展開し、「ごこち」デビューします。

 「はじめてごこち」は「新しい楽しいお得な毎日が続く」「はじめての心地よさ」をテーマに11月21日(水)~12月2日(日)の12日間実施。全163店舗でオープンセールやノベルティ企画(おとくごこち)、限定商品の販売(ここだけごこち)などを行います。「メリクリごこち」のテーマは、「みんなを『メリー』なここちに」「福岡の新しいクリスマスをご提案」。年々成長するシンボルツリー・ドイツトウヒのある「MARK IS デッキ」のイルミネーションなどでクリスマスムードを盛り上げます。12月3日(月)~25日(火)の23日間。

 「MARK IS 福岡ももち」のコンセプトやデザイン、各フロアの内容(テナント一覧付き)などについては、次のようにシリーズで紹介しています。ご参考にしてください。

 分譲高層マンション「ザ・パークハウス 福岡タワーズ」については、以下のシリーズ記事をご覧ください。

 お待たせしました。では、竣工祝賀会も含め館内外を写真リポートします。

 竣工祝賀会は、隣接するヒルトン福岡シーホーク1階宴会場「アルゴス」で開かれました。事業主として、三菱地所執行役社長の吉田淳一氏があいさつ。「地域の皆さんに愛される商業施設になるよう、責任を持って育てていきたい。福岡をさらに盛り上げる力になれれば」と述べました。

 終了後、ホテル東側から外へ。ヤフオクドームの前を通り、デッキ通路から「MARK IS 福岡ももち」3階に入りました。

 最初に訪れたのはキッズゾーン。0~1歳児向けと2~5歳児向けの遊び場のほか、授乳室、おむつ替えコーナー、子供用トイレなどがありました。子育てママに優しいですね。

 同じ3階のフードコート。外光が差し込む心地よいスペースに約550 席が配置され、大きな窓からはヤフオクドームなどを望めます。日中も夜も抜群のロケーションです。隣には、子供が遊べるゆったりとしたスペースも用意されています。

過去記事:3、4階フロア(全テナント一覧あり)

 エスカレーターで2階へ。イベントスペース「ももステ ~ももちステージ~」は、吹き抜けに設けられた開放的な空間。様々なイベントを楽しめます。館内の結節点にも位置づけられています。

 2階から屋外に出ると、そこは「MARK IS デッキ」。広々としていて、ヤフオクドームにもつながっています。お隣では、分譲高層マンション「ザ・パークハウス 福岡タワーズ」の建設が進み、すでに植栽の「緑」が豊か。完成が楽しみです。

過去記事:2階フロア(全テナント一覧あり)

 デッキを歩き、施設の南西角、人の出入りが最も多くなりそうなエントランスに到着しました。既設の横断歩道と新たに接続されており、従来より利便性が高まります。施設前の道路交差点には、渋滞対策として左折専用レーンも新設されています。

 最後に足を運んだのは1階。施設のシンボルとなる幅9メートル、長さ23メートルの大階段「OH-KAIDAN(おおかいだん)」の両側にはシーティングスペースが設けられており、待ち合わせ場所として親しまれそうです。階段を上りきると、2階のイベントスペース「ももステ」が広がっています。

37

過去記事:1階フロア(全テナント一覧あり)

 その後は施設西側から敷地外に出て、時計回りに外観を眺めてみました。ヤフオクドームとヒルトン福岡シーホークを見やると、「MARK IS 福岡ももち」を含む三つの施設が一体的にランドマーク化しているように感じました。施設の南東角エントランスに導くデッキ通路も、既設のエレベーター付き歩道橋とつながっていました。福岡市営地下鉄・唐人町駅から歩いてくる場合は、この動線を利用すると便利ですね。

 秋にしては強めの日差しを浴びて輝いていた「MARK IS 福岡ももち」。館内では、非公開のテナントはもちろん、公開された共用部も、急ピッチで準備が進んでいました。誕生間近の“胎動”を感じるというか、新品の“香り”がするというか、目も耳も鼻も“幸せ”な一日でした。福岡市民の一人として期待してますよ~、「MARK IS 福岡ももち」さん!!

 「MARK IS 福岡ももち」のホームページはこちら(http://www.mec-markis.jp/fukuoka-momochi/)。

「MARK IS 福岡ももち」施設概要

<全体街区>

所在地 福岡県福岡市中央区地行浜2丁目2番
敷地面積 約 54,400平方メートル
用途 店舗、住宅、駐車場

<商業施設棟>

敷地面積 約42,300平方メートル
構造・規模 鉄骨造
地上4階塔屋1階(本体棟)、地上8階(アネックス棟)
延床面積 約125,000平方メートル
店舗面積 約48,000平方メートル
店舗数 全163店
駐車台数 約1,300台
営業時間 物販店舗・フードコート 10:00~21:00
飲食店舗        11:00~22:00
※一部店舗を除く
着工 2017年6月1日
開業 2018年11月21日
設計監理 三菱地所設計・竹中工務店共同企業体
施工 竹中・錢高・小林・松本・坂下 特定建設工事共同企業体
運営管理 三菱地所リテールマネジメント株式会社
ホームページ http://www.mec-markis.jp/fukuoka-momochi/
広告

「行って🚶‍♂️見て👀撮って📸きました!! 「MARK IS 福岡ももち」竣工、館内共用部の一部公開 11月20日(火)プレオープン、21日(水)グランドオープン・開業キャンペーン開始🎊👏 もうね、これは一つの「街」です 地域とともに“成長”の物語を🥰」への1件のフィードバック

  1. 12月に嵐のライブに行くので、マークイズに行ってみようと楽しみにしてます😀

コメントをどうぞ