[しっとぉ?]今や王道!? 秋冬の「かき氷」🍧 「エスプレッソ☕️使い」もきてます 一石二鳥のメニュー、コリアンデザートカフェ「ソルビン」にありますよ~ 食べ方🥄もご紹介

 秋冬のかき氷。今や王道です。「美味しい」「かわいい」に目がない女子たちの間では。そうですよね、「かき氷女子」の皆さん(ルン♡)。

 かき氷は製法開発が進み、さまざまな食感や外観の商品が登場。トッピングも多様化し、味・盛りつけ・彩りとも自在に楽しめるようになっています。お店では、ハロウィンやクリスマスなど時期に合わせた企画メニューも次々。デートに、女子会に、アニバーサリーにと、ファンが急増しています。こうなると、秋冬なんてカンケーない、ない。むしろ、寒いときにあえて冷菓、というギャップも愉快なのです。きょうもキャピキャピ、わちゃわちゃと盛り上がっちゃう予定の女子、いらっしゃるのでは?

 もう一つ、「きてる」のがあります。「エスプレッソ使い」。わたくし、勝手にこう呼んでいます。

 例えば東京のお店では、エスプレッソをハンバーガーや綿あめにかけて食べたり、ラーメンやバーベキューソースの材料にしたり、といった具合。程よい苦みやコクが加わったり、隠し味になったりするのです。一言でいえば、「大人テイスト」を演出できます。ん? ふと思い出したのですが、本場・イタリアのお隣、フランスのカフェでは「エスプレッソ」ではなく、「エクスプレス」って呼ぶケースが多かったなぁ。「すぐに抽出できるから」「英語の『エクスプレス(急行)』からきてるのさ」と聞きましたが、いかに。

 とまぁ、それはさておき、「秋冬かき氷」&「エスプレッソ使い」に興味をお持ちのマダム・エ・マドモアゼル♡ 一度に両方試せるメニューがありますので、ご紹介しますね。

 それは、韓国発のコリアンデザートカフェ「ソルビン(雪氷)」が11月15日(木)まで、期間・数量限定で提供している「アフォガートソルビン」(950円)と「ティラミスソルビン」(1,300円)。どちらも温かいエスプレッソをかけられちゃうのです。

 アフォガートソルビンは、パウダースノーのようなふわふわとしたミルクかき氷に、その場でスタッフが抽出する温かいエスプレッソをかけます。するとどうでしょう。中からキャラメルアイスと香ばしいナッツ、グラノーラが現れます(イェイ!)。冷たい氷とアイスがエスプレッソの熱でいい感じに溶け、甘さと苦みが調和した“ダブルギャップ”の美味をご堪能ください。食べ進めるうちに味が変化するのもお楽しみ。エスプレッソはちょっとずつ注いだり、一気にたっぷりかけたりと、お好みに応じてインしてください。

 ティラミスソルビンは、ほろ苦いココアパウダーとたっぷりの生クリーム、そしてティラミスを、ふわふわミルクかき氷に盛りつけます。中には、チーズケーキ、カスタードクリーム、生クリームなどが入っていて、ボリュームも満点!! 温かいエスプレッソをかけると、また違った味わいを生み出せます。彼氏さんやご主人がご一緒のときには、おすすめしてはいかがでしょうか。「OK」が出たら当然、かわいらしく、「ひと口ちょうだい」作戦を発動しましょう(笑)。キュンとときめく男子、少なくないそうですよ。

 カフェ「ソルビン」は韓国でかき氷ブームを巻き起こし、2016年に日本上陸しました。福岡市のソルビン天神(VIORO地下2階)、ソルビン博多(JR博多シティ内アミュプラザ博多地下1階)をはじめ、関東(原宿、川崎)、東北(仙台)に店舗展開しています。

🍧 🍨 ☕️ 🍰

 おまけとして、カフェ「ソルビン」さんがおすすめする食べ方を写真でご説明しま~す。

アフォガートソルビン

  • “頂上”部分を少し掘って(童心に帰ってどうぞ笑)、温かいエスプレッソをかけます。
  • 中から現れるキャラメルアイス、ナッツ、グラノーラと一緒にお召し上がりください。

ティラミスソルビン

  • 周辺部の氷に、温かいエスプレッソをそっと(ですよ笑)かけてお召し上がりを。

詳細はソルビンの公式サイト(http://www.sulbing.jp/)をご覧ください。

<文中の価格は税込み>
<写真はいずれもSULBING PR事務局提供>

広告

コメントをどうぞ