“大きな”秋見つけた 福岡城跡の紅葉狩り🍂 ぜいたくな朝🌄を演出してくれます!

 都会でできる紅葉狩り――。休日の朝、福岡城跡(福岡市中央区城内)を散策しました。朝日に照り映える木々の美しさは、また格別。下手な文章を読むよりも、まずは下の動画をご覧ください。

 撮影は11月10日(土)午前7時すぎ。石垣を超えて差し込んできた光が、見る見るうちに木々の表情を変えてくれます。

 花見の名所だけに、桜の紅葉が見事でした。散り敷いた落ち葉がいい、という人も多いですね。

 落ち葉のような色を「朽葉くちば」と呼ぶそうです。色の本によると、「くすんだ赤みの黄」と解説していました。赤みがもう少し残っていると、「赤朽葉あかくちば」。明るさを失っていくと、焦げたような茶になって、やがては土と見分けがつかなくなってしまいます。

広告

コメントをどうぞ