第15回「高橋屋平右衛門の家」(福岡市) 昭和通り沿いの天神3丁目 下名島町の目明し、幕吏から追われる月照を篤くもてなす 福岡藩勤皇派と親交

一筆啓上

 勤皇僧月照といえば、西郷隆盛と薩摩錦江湾に飛び込んだ人という印象が強い。

 安政の大獄で幕吏に追われ、京の都から逃げてきたものの、歴史小説、テレビドラマ、映画では、一挙に薩摩へと場面が飛ぶ。

 そのためか、月照が筑前福岡領内を転々と移動していた事実に関心が及ばない。太宰府天満宮の参道にある「松屋」という茶店にかくまわれていたということが、ようやく知られるようになった程度。

 「すぐそこですから、ちょっと、行ってみましょうか」

 白木大五郎氏の案内で月照が匿われたという高橋屋平右衛門の自邸跡に向かった。

 西郷隆盛は、福萬醤油の白木家の蔵に匿われた。月照は、勤皇の目明し・高橋屋平右衛門の自邸に匿われた。

 福萬醤油と高橋屋平右衛門の自邸は隣どうし。その高橋屋平右衛門の自邸跡が現在の「高橋天神ビル」だ。

 ビルを見上げながら、「ここに? 月照が? 本当に? ……」と思った。

 高橋天神ビルの1階には壁紙、紙小物を商う店がある。ここが、高橋屋平右衛門の末裔が営むお店だ。

 突然の訪問にも関わらず、女将さんが掛け軸を持ってきてくださった。匿ってもらったお礼にと月照が遺した和歌が書かれている。

 口伝は、本当だったのだと思った瞬間だった。

 紙小物が並ぶ店内だが、ここが実に、おちつく。

 都心とは思えない静かさ。

 月照も、こんな静かな空間でお香を楽しんだのだろうか。想像をたくましくする。

月照、お礼の歌遺す 頻繁に外部と接触、隣家に隠れた西郷隆盛の密使として活動か 平右衛門は後に遠島に

 ここが、「勤皇の目明し」こと高橋屋平右衛門の家だったのか――と、ビルを見上げた。天神(福岡市中央区)の昭和通りで、今は紙を商っている。昭和20年(1945年)の福岡大空襲で天神地区も灰燼かいじんに帰した。区画整理もあり、高橋屋の場所を厳密に特定するのは難しい。

 安政5年(1858年)、「安政の大獄」で幕吏から追われる身となった勤皇僧月照は、西郷隆盛と西下した。その月照をかくまったのが下名島町の目明し(犯罪捜査役)高橋屋平右衛門だった。

 平右衛門は福岡藩勤皇派の平野國臣、月形洗蔵、鷹取養把、仙田兄弟と親交があった。勤皇派は、「お由羅騒動」で福岡藩に逃れてきた北条右門(薩摩藩士・木村仲之丞)らとつながりがあり、北条の家に転がり込んできた月照を平右衛門が迎えることに。

 一週間ほど、高橋屋に身を寄せた月照は、奥の茶室で旅の疲れを癒した。平右衛門の妻イキは信心深い人だけに、月照をあつくもてなしたのだった。

 不思議なことに、お尋ね者であるはずの月照は頻繁に外出している。まず、北条の案内で太宰府天満宮に参詣し、薩摩藩定宿の「松屋」を訪ねた。ここからさらに、宝満山(太宰府市・筑紫野市)に登る。

 次に武蔵の湯(二日市温泉)に遊び、医師の陶山一貫、原三信らと天拝山(筑紫野市)に登っている。

 そして、平右衛門の家を起点に、平尾山荘(福岡市中央区)の勤皇の女傑・野村望東尼を訪ねた。驚くのは、筥崎宮(福岡市東区)を参詣した際、オランダ人を目にしたという。これは、福岡に来航した長崎海軍伝習所のカッテンディーケたちと思われる。それにしても、その行動はあまりに大胆。

 そこで、考えられるのは、高橋屋の隣家、福萬醤油の蔵に隠れたといわれる西郷隆盛の存在。西郷は月照とは別行動で薩摩へ急いだといわれる。しかし、月照は情勢を探りながら、西郷の密使として黒田長溥ながひろ(福岡藩主、島津家出身)、長崎海軍伝習所・勝海舟との接触を試みていたのではないだろうか。

 月照は平右衛門夫婦にお礼の歌をのこしていた。

 高橋屋に宿りゐて主人夫婦の情いと深ければ

 「答うべき限りは知らじ筑紫路の 海より深き人の情けに」

 後に、月照を匿ったことが発覚し、平右衛門は姫島(糸島市)に遠島となる。妻イキは島に渡り、病に伏せる夫を介抱したという。

筆者プロフィル

浦辺登さん

浦辺うらべ のぼる 歴史作家・書評家
1956年(昭和31年)、福岡県生まれ。61歳。福岡大学ドイツ語学科在学中から雑誌等への投稿を行う。オランダ系生命保険会社勤務、財団法人日本プロスポーツ協会事務局長を経て、日本近現代史を中心とした執筆・講演活動に入る。現在、福岡の偉人の足跡を伝える講座を黒田家ゆかりの圓應寺(福岡市)などで開講し、新聞・雑誌で書評を担当。2017年6月から読売新聞の福岡県地域版で「維新秘話」を連載中。著書は『玄洋社とは何者か』『東京の片隅からみた近代日本』『太宰府天満宮の定遠館』(いずれも弦書房)など。学校現場を含め、講演多数。「福岡先哲の会」主宰。
 「浦辺登の福岡維新を歩く」は、読売新聞の福岡県地域版の連載企画「維新秘話 福岡」(連載中)に掲載された記事をもとに、新たな文章や写真などを加え、レイアウトも大幅に変更して再構成したものです。
広告

コメントをどうぞ