開業まで2か月切った「MARK IS 福岡ももち」 3階は飲食・遊び・ショッピング、フードコートは外光差す約550 席! エンタメ・家電の4階は日常彩るサービスも

 福岡市中央区地行浜で開発中の商業施設「MARK IS(マークイズ) 福岡ももち」は、11月21日の開業までいよいよ2か月を切りました。1~4階の店舗フロア紹介シリーズの最後は3、4階を紹介します。食事、ショッピング、遊び――。大人から子供までだれもが1日中楽しめる“仕掛け”がなされ、デイリーからアニバーサリーまで様々なニーズに応えてくれますよ~。

 3階のデザインテーマは「にぎわいと親しみを感じる、温かい『町』」で、内装にヒューマンスケールの感じられる素材を配し、丸みのあるソファベンチを用意することで、そのコンセプトを表しています。

 フロア中央部は、外光が差し込む約550 席のフードコートと、バラエティー豊かな飲食専門店街が一体となった食空間「ももキチ~ももちキッチン~」。回転寿司の激戦地、北陸・金沢の人気店「金沢まいもん寿司」が九州初出店するほか、北部九州で根強いファンを持つ「ドライブイン鳥」が商業施設初出店し、地元の有名店も並ぶなど、魅力的な19 店舗が集まります。快適性を追究する観点から、フードコートの一部にはコンセント席やファミリーシートも設けます。

 子供連れの人気を集めそうなのが、エリア最大級のキッズ専門店の集積を目指すキッズゾーン。玩具・ベビー用品の大型専門店「トイザらス・べビーザらス」を中心に、アパレル・シューズ・雑貨店、子供専門美容室など12店舗で構成します。子供の自由な発想を引き出す20種類以上の遊具で思いっきり遊べる「あそびパークPLUS」、小動物と触れ合えるカフェ「Moff animal café」は、親子でいつもと違ったひとときを過ごせます。

 ショッピングゾーンは、「GU」をはじめとするカジュアルファッション、眼鏡・帽子がそろうファッション雑貨、寝具、楽器、携帯関連の店舗など。世代を問わず、ファミリーで気軽に買い物できるラインアップです。

 それでは、店舗フロア最上階の4階へ。床面や天井面には雲をモチーフにした円形のデザインを施し、デザインテーマである「空」を表現、非日常感も演出します。

 11スクリーン(約1,600席)を擁するシネマコンプレックス「ユナイテッド・シネマ福岡ももち」は、最新の体感型上映システム「4DX」を導入。アミューズメント施設「namco」では、最新の VR (仮想現実)も体験できます。このほか、家電量販店「コジマ×ビックカメラ」、英会話や幼児教室などの各種スクール、クリニック・パーソナルジム・リラクゼーション・アイラッシュサロンといったヘルス&ビューティー系サービス業態店、写真館など、「日常」を豊かにする店舗が勢ぞろいします。

 いつ、だれが、だれと、どのフロアに行っても、楽しさや喜びを感じ、ワクワクやドキドキに出会える――。そんな“マジカル”な空間になりそうですね、「MARK IS 福岡ももち」さん😊👍

3階テナント(順不同)

ABC-MART(レディス・メンズ・キッズ・靴・バッグ・服飾小物)、jM(レディス・メンズ・服飾小物)、ikka(レディス・メンズ・キッズ・バッグ・靴・服飾小物)、串カツ田中(串カツ・居酒屋)、韓美膳(韓国料理)、博多天ぷら たかお(天ぷら)、名島亭(博多ラーメン)、今生焼(お好み焼き)、金沢まいもん寿司(回転寿司)、キャナリィ・ロウ(イタリアン)、中華バイキング 九龍點心(中華バイキング)、デンバープレミアム(ステーキ・ハンバーグ・パンケーキ)、焼肉・もつ鍋 西新初喜(焼肉・もつ鍋)、サーティワンアイスクリーム(アイスクリーム)、築地銀だこ(たこ焼)、FRESHNESS BURGER(バーガーカフェ)、SPONTINI(ピッツェリア)、いっかく食堂(定食)、ドライブイン鳥(鳥料理)、讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺(うどん)、博多屋台一幸舎(ラーメン)、RINGERHUT HAKATA PREMIUM(長崎ちゃんぽん)、トイザらス・べビーザらス(玩具・ベビー用品)、グローバルワーク(レディス・メンズ・キッズ)、Kish Plus(靴)、ACT-1(バッグ・服飾小物・アクセサリー・時計)、DADWAY(レディス・メンズ・キッズ・ベビー)、LOVE TOXIC(キッズ)、あそびパークPLUS(キッズパーク)、ジーユー(レディス・メンズ・キッズ)、B-DESIGN home(寝具、パジャマ、ルームウエア、生活雑貨)、Perfect Suit Factory(メンズ・レディススーツ・シャツ・その他ビジネスアイテム)、島村楽器(楽器小売り・音楽教室)、S-code(服飾小物・アクセサリー)、AWESOME STORE(アクセサリー・生活雑貨・家具・ペット用品)、Moff animal café(カフェ・屋内動物園)、ソフトバンク(携帯ショップ)、Kahiko(ハワイアンファッション雑貨・アクセサリー・生活雑貨)、3COINS(生活雑貨)、THE SECOND BASE by Flava headwear(帽子・服飾雑貨・バッグ・レディス・メンズ・キッズ)、SILVER BOX(服飾小物・アクセサリー)、OUTDOOR PRODUCTS(レディス・メンズ・キッズ・バッグ)、Zoff Marche(眼鏡・サングラス)、branshes(キッズ・ベビー)、KIDS FORET(キッズ)、KID’S HAIR DESIGN CHOKKIN’S(こども専門美容室)、ベビードール(レディス・メンズ・キッズ・靴・バッグ)、マザウェイズ(キッズ・ベビー)、petit main(キッズ)

4階テナント(順不同)

スタジオアリス HALULU(写真館)、ECC外語学院(語学スクール)、namco※オープン日未定(アミューズメント)、コジマ×ビックカメラ(生活家電・携帯・おもちゃ・GAME・ミニ四駆)、ユナイテッド・シネマ(シネマ)、アイズトータルボディステーション(トレーニング・整骨院)、リラクゼーションスペース ルポ(リラクゼーション)、小学館アカデミー・小学館の幼児教室ドラキッズ・小学館の英語教室イーコラボ(幼児教室)、セイハ英語学院(サービス・子ども英会話)、Dolly Lash(アイラッシュ)、大串歯科(歯科医院)

「MARK IS 福岡ももち」施設概要

<全体街区>

所在地 福岡県福岡市中央区地行浜2丁目2番
敷地面積 約 54,400平方メートル
用途 店舗、住宅、駐車場

<商業施設棟>

敷地面積 約42,300平方メートル
構造・規模 鉄骨造

地上4階塔屋1階(本体棟)、地上8階(アネックス棟)

延床面積 約125,000平方メートル
店舗面積 約48,000平方メートル
店舗数 全163店
駐車台数 約1,300台
営業時間 物販店舗・フードコート 10:00~21:00

飲食店舗        11:00~22:00

※一部店舗を除く

着工 2017年6月1日
開業 2018年11月21日
設計監理 三菱地所設計・竹中工務店共同企業体
施工 竹中・錢高・小林・松本・坂下 特定建設工事共同企業体
運営管理 三菱地所リテールマネジメント株式会社
ホームページ http://www.mec-markis.jp/fukuoka-momochi/

※詳細は「MARK IS 福岡ももち」のホームページ(http://www.mec-markis.jp/fukuoka-momochi/)をご覧ください。

<画像はいずれも三菱地所グループ提供(完成予想図)>

広告

コメントをどうぞ