第11回「筑前茜染之碑」(飯塚市) 日本初の国旗、旧筑穂町原産の筑前茜で染め抜く 筑前福岡藩と日の丸初掲揚の薩摩藩、血脈コラボ

一筆啓上

 鹿児島市の中心部に照国神社がある。祭神は日の丸を考案した島津斉彬。その照国神社を訪れたが、照国記念館には筑前茜ちくぜんあかねで染められた日の丸が展示されていた。

 この日の丸誕生の背景には島津家の血脈が関係する。第11代筑前福岡藩主は黒田長溥だが、島津家からの養嗣子。斉彬よりも年齢は下だが、大叔父にあたる。両者、江戸の薩摩藩邸では実の兄弟のようにして育ったという。日の丸の朱色を筑前茜で染めるなど、長溥と斉彬の意思が円滑でなければ進まない。ある意味、日の丸は筑前(福岡県)と薩摩(鹿児島県)とのコラボレーション作品。

 染料となった筑前茜だが、根が赤いことから「赤い根」「赤根」「茜」と転じたといわれる。土中の根が染料になるなど、先人の知恵と経験の積み重ねに感嘆する。

 さらに、蘭癖大名と呼ばれた黒田長溥の博学にも驚く。藩主として、領内にどのような特産品があるのかを把握していたことになる。このことは、旧長崎街道山家宿に近い旧庄屋の山田家に遺る文書から知ることができた。『徳翁山田芳策伝』としてまとめられた1冊には、管理する田の石高から資産、特産品まで、一覧を作成して藩主に提出したと出ていた。

 「なるほど、こうやって藩主は領内の詳細を知ることができたのか……」。感心しながら山田家の文書を読み進んだ。

 照国神社を参拝した後、城山に登った。桜島を背景に「昇平丸」艦尾に日の丸が翻る場面を想像した。もちろん、筑前茜で染めた逸品の日の丸を。

島津家からの養嗣子・黒田長溥、筑前福岡藩の特産品生かす 兄弟のように育った島津斉彬とのきずな背景 蘭学好きの共通点も

 国旗日の丸のふるさとが飯塚市山口(旧筑穂町)にある。唱歌「日の丸の旗」の歌詞は「白地に赤く日の丸染めて…」で始まる。白地の中心を赤く染めてこその日本国旗。その日本初の国旗を染めたのが、旧筑穂町原産の筑前あかね(染料)だった。

 平成3年(1991年)8月、初の国旗を染色した記念として「筑前茜染之碑」が建てられた。「茜屋」第17代松尾正九郎が染めたという。この碑は旧長崎街道・内野宿に近い。しかし、今では筑紫野市から飯塚市に向かう米ノ山峠を越えるルートが便利だ。とはいえ、いずれにしても山間部を抜ける山道であることに変わりはない。

 一般に、国旗日の丸のふるさとは鹿児島県といわれる。安政元年(1854年)、薩摩藩(鹿児島県)が日本初の洋式軍艦「昇平丸」を建造し、その艦尾に日の丸を掲揚したからだ。その日の丸を日本国の総船印として提案したのは、島津斉彬(第8代薩摩藩主)だった。外国船との識別だけでなく、日いずる国「日本」の心意気を表象してのことだろう。

 薩摩藩の軍艦と、筑前福岡藩の染料との関係は何なのか。これには島津家の血脈が関係している。島津斉彬の曽祖父は蘭学らんがく好き(蘭癖らんぺき)大名の島津重豪しげひで。その重豪の息子が福岡藩第11代藩主の黒田長溥ながひろだった。ただし、斉彬は長溥よりも年長である。

 福岡藩主は恒例で領内巡視を行う。米の石高、特産品の一覧を作成して殿様に見てもらい、珍しい果樹、植物、初物などがあれば献上するのが習わしだった。なかでも、黒田斉清(第10代藩主)の動植物への関心は高く、領民も抜かりなく準備したことだろう。長崎オランダ商館医のシーボルト(1796~1866年)と親交があり、鳥類においてはシーボルトが絶賛する蘭癖大名だった。その斉清に指導を受けた長溥も蘭癖大名として知られる。

 島津斉彬は西洋技術の導入に熱心だった。「昇平丸」の次には日本初の蒸気船「雲行丸」(薩摩公の蒸気船と呼ばれる)を完成させた。オランダ語の翻訳書を頼りに建造したというから、長溥と同じく蘭癖の部類に入る。そう考えると、筑前茜で染めた日の丸は、薩摩の斉彬、筑前の長溥との緊密なきずなといえる。

 ちなみに、「筑前茜染之碑」の手跡は、麻生太郎氏(副総理兼財務相)である。

筆者プロフィル

浦辺登さん

浦辺うらべ のぼる 歴史作家・書評家
1956年(昭和31年)、福岡県生まれ。福岡大学ドイツ語学科在学中から雑誌等への投稿を行う。オランダ系生命保険会社勤務、財団法人日本プロスポーツ協会事務局長を経て、日本近現代史を中心とした執筆・講演活動に入る。現在、福岡の偉人の足跡を伝える講座を黒田家ゆかりの圓應寺(福岡市)などで開講し、新聞・雑誌で書評を担当。2017年6月から読売新聞の福岡県地域版で「維新秘話」を連載中。著書は『玄洋社とは何者か』『東京の片隅からみた近代日本』『太宰府天満宮の定遠館』(いずれも弦書房)など。学校現場を含め、講演多数。「福岡先哲の会」主宰。
 「浦辺登の福岡維新を歩く」は、読売新聞の福岡県地域版の連載企画「維新秘話 福岡」(連載中)に掲載された記事をもとに、新たな文章や写真などを加え、レイアウトも大幅に変更して再構成したものです。
広告

コメントをどうぞ