劇団四季の『ライオンキング』福岡公演 来年3月からのロングラン上演に期待 深化し続けるミュージカル 幅広い世代にポピュラリティー

 劇団四季が、代名詞とも言える大人気ミュージカル『ライオンキング』について、2019年3月から福岡市博多区のキャナルシティ劇場でロングラン上演すると発表し、福岡をはじめ、九州・山口の演劇ファンの期待が高まっています。日本演劇史上最多の公演回数、観客動員数を誇る“キング・オブ・ミュージカル”。その公演の歩みとストーリーをご紹介します。

 『ライオンキング』は、アフリカ・サバンナを舞台に展開するライオンの子・シンバの成長物語。「サークル・オブ・ライフ(生命の連環)」という深遠なテーマの中で、生命の営み、親子の絆、心の成長をつづります。

©Disney

 初演は1998年12月。米・ブロードウェイに続く世界2番目の上演として、東京・四季劇場[春]で開幕しました。以来20年、日本ではほかに例をみない無期限ロングランを続けています。初演4か月後の99年4月には大阪初演をスタートさせ、ミュージカル『美女と野獣』に続く“東西並行上演”も敢行しました。これまでに全国5都市(東京、大阪、福岡、名古屋、札幌)で延べ9公演を実施。2018年7月末時点で、国内通算総公演回数は11,500回を突破し、観客動員数は1,180万人を超え、それぞれ史上最多記録を日々塗り替えています。

©Disney 撮影:阿部章仁

 『ライオンキング』の特長は何か。それは天才舞台芸術家ジュリー・テイモアが創り上げた、従来のミュージカル作品とは一線を画す独創的な舞台・世界観です。演出面では、インドネシア影絵や歌舞伎、文楽などアジアの伝統芸能の要素を取り入れています。音楽面は、エルトン・ジョン(作曲)とティム・ライス(作詞)が担当。レボ・Mらも新たに曲を提供し、アフリカンビートを刻み込むミュージカルナンバーを盛り込んでいます。これらの効果が相まって、観客を魅了する独自のメソッドになっています。東京初演で巻き起こった反響、感動は今もなお衰えていません。

 現在、劇団四季には、『キャッツ』『オペラ座の怪人』『アラジン』『リトルマーメイド』など、いわゆる「メガミュージカル」と呼ばれる作品レパートリーが多数あり、いずれも公演する先々で人気を博しています。しかし、『ライオンキング』ほど、幅広い世代にポピュラリティーを得る作品はないといっても過言ではないでしょう。

 それでは、『ライオンキング』のストーリーを――。

第1幕

 アフリカ・サバンナ。動物たちの王国プライドランドを治めるライオンの王ムファサは、世継ぎとなる子シンバを愛情をもって育てていた。

 ムファサはシンバに、来たるべき王座に就く心構えとして、「サークル・オブ・ライフ(生命の連環)」の理念を教える。<自然界は誕生と死去を永遠に繰り返し、魂は姿を変えても決して失われることなく受け継がれていく>

 しかし、平和な日々は長くは続かなかった。シンバの叔父スカーが王位を狙うため、ムファサとシンバを葬り去ることを計画。ムファサはシンバを助けたものの、息子の前で息絶えてしまう。父の死に責任を感じたシンバはプライドランドを去る。

 失意のどん底にあったシンバを救ったのは、イボイノシシのプンバァとミーアキャットのティモン。「ハクナ・マタタ(=気にするな)」という言葉で励まされたシンバは、やがてたくましい若者へと成長していく。

第2幕

 成長したシンバは、幼なじみのナラと偶然の再会を果たす。ナラは、スカーの悪行や、統治された王国の荒廃を告げ、シンバに助けを求める。しかし、父の死の責任が自分にあると信じ込むシンバは、帰郷する決心がつかない。

 そこに父ムファサの亡霊が現れ、シンバはようやく自分が置かれている立場を自覚し、取るべき道を悟る。意を決したシンバは、かつての光り輝く王国を取り戻すべく、プライドランドへと戻る――。

 福岡公演は2008年1月~09年8月の公演以来、約10年ぶり3度目となります。公演決定に伴って劇団四季は、シンバとナラの子ども時代を演じる子役男女を募集しています。

ミュージカル『ライオンキング』福岡公演概要

開幕
2019年3月予定
会場
キャナルシティ劇場(福岡市博多区住吉1-2-1)
お問い合わせ
劇団四季福岡オフィス(092-292-1160)

※開幕日、チケット発売日などについては決まり次第、発表されます。

子役オーディション実施概要

本選
2018年9月13日(木)予定 <予選9月11日(火)、12日(水)>
※事前に書類審査があります
会場
キャナルシティ劇場(福岡市博多区住吉1-2-1)
募集
「ヤング シンバ」役(男子)、「ヤング ナラ」役(女子)
応募資格
  • 9~12歳(ただし小学4年生以上)
  • 身長「ヤング シンバ」130cm~140cm、「ヤング ナラ」130cm~135cm
  • 9月以降、福岡市内の稽古場に定期的に通うことが可能な方
資料請求
ネット
劇団四季公式WEBサイトから応募用紙をダウンロード
郵送
A4サイズ返信用封筒(住所、氏名を明記の上、140円切手貼付)を下記オーディション係まで郵送
直接配付
キャナルシティ劇場、四季芸術センター(横浜市青葉区あざみ野1-24-7)
応募締切
8月27日(月)15時必着
お問い合わせ
劇団四季『ライオンキング』福岡子役オーディション係
〒225-8585 横浜市青葉区あざみ野1-24-7、四季芸術センター
TEL 045-903-1416(10時~18時、日曜・祝日を除く)
広告

コメントをどうぞ