第5回「五卿遺蹟」の碑(太宰府市) 天満宮・延寿王院 京の都追われた五卿が滞在、中岡慎太郎ら大勢の脱藩浪士が随従

一筆啓上

 太宰府天満宮は「維新の策源地」です。

 そう説明すると、怪訝けげんそうな表情を見せる方がいる。太宰府天満宮は「学問の神様」では……と言わんばかり。

 続いて、あの坂本龍馬も太宰府天満宮を訪れたと告げる。

 たいていの方は「嘘でしょう!?」と驚く。嘘でもなんでもなく、三條実美をはじめとする五卿が滞在した「延寿王院」前の看板に出ている。他にも、西郷隆盛、高杉晋作らも訪れたとの記述がある。

 「学問の神様が嘘を言うわけないでしょ」

 「確かに……」

 看板には記載されていないが、志士たちが、いつ、何の目的で太宰府天満宮を訪れたのかは下記の通り。

  • 西郷隆盛
    慶応元年2月下旬(24日頃)、五卿受け入れに関する筑前勤皇党との会談で
  • 高杉晋作
    元治元年11月11日~21日、天神信仰のための参拝といわれる。口伝として、参道の大野屋に宿泊したと『筑紫史談』に記述がある
  • 坂本龍馬
    慶応元年5月23日~28日、五卿との面談で

 幕末史からみて、太宰府天満宮は維新の策源地だった。薩長同盟に至る薩長和解も、筑前勤皇党の月形洗蔵、早川勇らが身命を賭して斡旋した結果だ。「歴史は勝者によって作られる」。維新において敗者の立場となった筑前福岡藩の功績は封印されたまま。それだけに、この福岡の維新に関する事績を追うと、驚きの連続になるのだ。

 なお、この太宰府天満宮・延寿王院には、遠く水戸藩からも五卿の随員としてやって来た者がいる。藤岡彦次郎こと斎藤左次右衛門。なぜ、太宰府までという疑問には、『幕末の魁 維新の殿』(小野寺龍太著)が参考になる。

五卿警備に筑前福岡など五藩から150人余 幕末史に登場の志士たちが去来 食料・旅館の需要急増、“バブル景気”に沸く

 太宰府天満宮参道の中ほどには炭鉱王・伊藤傳右衛門でんえもんの名を刻む鳥居がある。出奔した柳原白蓮びゃくれんとの離婚騒動で世間を賑わせた。土産物店の「小野筑紫堂」を目印にするとわかりやすいが、この鳥居を潜った頃、正面に三條さんじょう実美さねとみら五卿が滞在した延寿王院えんじゅおういんの「五卿遺蹟いせき」の碑が見えてくる。

 いわゆる文久3年(1863年)「八月十八日の政変」で京の都を追われた三條実美ら五卿が、延寿王院に入ったのは慶応元年(1865年)2月13日のことだった。この時、五卿だけではなく、脱藩浪士41人、馬捕まとり小者こもの25人など、多くの随従者がいた。脱藩浪士には土佐の土方ひじかた楠左衛門くすざえもん久元ひさもと(明治政府の宮内大臣)、大山彦太郎道正こと中岡慎太郎(1838~1867年)も含まれている。

 この脱藩浪士の内訳をみると、土佐藩、久留米藩、水戸藩、膳所ぜぜ藩だが、なかでも土佐藩が12人と最も多い。興味深いのは、久留米藩の中に鏡五郎こと真木外記まきげきがいることだ。あの久留米水天宮宮司であった真木和泉いずみの実弟である。元治げんじ元年(1864年)7月、真木外記は兄の和泉とともに「禁門の変」に参戦したが敗退。真木和泉は京都・山崎で自決した。

 延寿王院には五卿警備として筑前福岡藩、薩摩鹿児島藩、肥後熊本藩、肥前佐賀藩、筑後久留米藩の守衛士がおり、その総数150人余。その他諸役を入れると、どれほどの員数がいたのか正確には分かっていない。まるで、一夜にしてひとつの町が出来上がったのも同じだった。供給不足から食材などが値上がりし、ちょっとしたバブル景気に沸いた太宰府だった。

 不足するのは食材だけでなく旅館も同じだった。延寿王院を始め、社家しゃけの小野加賀かが、小野伊予いよ、小野但馬たじまの邸、宿坊の執行坊しぎょうぼう満盛院まんせいいんなども宿舎に割り当てられた。先述の「小野筑紫堂」は社家の小野伊予(通称南小野)であり、福岡藩の宿舎だった。記録に残る福岡藩守衛士を確認すると、筑前勤皇党の月形洗蔵つきがたせんぞう、野村助作(野村望東尼ぼうとうにの孫)、万代十兵衛らの名がある。

 中国人観光客に人気の牛の座像に隠れ、見落としがちなのが延寿王院そばの案内看板。そこには、由来とともに、西郷隆盛、高杉晋作、坂本龍馬ら維新の志士たちが去来したと記されている。幕末史に登場するヒーローたちも、慌ただしくこの地を往来した。日本の変革は、ここから始まったのだと確信する。

筆者プロフィル

浦辺登さん

浦辺うらべ のぼる 歴史作家・書評家
1956年(昭和31年)、福岡県生まれ。福岡大学ドイツ語学科在学中から雑誌等への投稿を行う。オランダ系生命保険会社勤務、財団法人日本プロスポーツ協会事務局長を経て、日本近現代史を中心とした執筆・講演活動に入る。現在、福岡の偉人の足跡を伝える講座を黒田家ゆかりの圓應寺(福岡市)などで開講し、新聞・雑誌で書評を担当。2017年6月から2018年12月まで読売新聞の福岡県地域版で「維新秘話」を連載。著書は『玄洋社とは何者か』『東京の片隅からみた近代日本』『太宰府天満宮の定遠館』(いずれも弦書房)など。学校現場を含め、講演多数。「福岡先哲の会」主宰。
 「浦辺登の福岡維新を歩く」は、読売新聞の福岡県地域版の連載企画「維新秘話 福岡」(2017年6月~2018年12月)に掲載された記事をもとに、新たな文章や写真などを加え、レイアウトも大幅に変更して再構成したものです。
広告

コメントをどうぞ