薩摩焼のルーツで純愛物語❤️の舞台、韓国・南原市の魅力を語る 薩摩焼宗家十五代・沈壽官さん 7月18日(水)、コリアプラザの韓国旅行セミナーで 聴講者を募集中!

薩摩焼宗家十五代 沈壽官さん 薩摩焼のルーツ、韓国・全羅北道南原(ナムウォン)市について、薩摩焼宗家十五代で南原市名誉市民の沈壽官さんが語る講演会が7月18日(水)、韓国観光公社福岡支社(福岡市博多区)のコリアプラザJAPANで開かれます。純愛物語「春香伝(チュニャンジョン)」ゆかりの街のどんなお話が聞けるのか、楽しみですね。参加無料。聴講者を募集中です。

 薩摩焼は、豊臣秀吉の二度目の朝鮮出兵、慶長の役(1597―98年)で、南原から連れてこられた朝鮮陶工たちの手で生み出されたとされます。沈壽官さんは朝鮮陶工の子孫の一人で、鹿児島県日置市東市来町美山で沈壽官窯を開いています。

廣寒楼 18世紀から伝わる「春香伝」は、宮廷の妓生の娘として生まれた春香が、身分の差を超えて高級官僚の息子と結ばれる物語。舞台である南原市では毎年5月、困難に負けず純愛を貫いた春香の生涯をたたえる「春香祭」が広寒楼苑で開催されています。南原市はパンソリと呼ばれる民俗唱劇が盛んで、春香伝も演目として高い人気を誇ります。

 韓国観光公社福岡支社は日本人向けに、韓国旅行セミナー「私がおすすめする韓国」を定期的に企画。日韓の有識者や著名人が講師を務め、観光地の魅力などを紹介しています。今年5回目となる今回は、沈壽官さんが午後3時から、「陶房雑話~ゆかりの地・南原より~」と題して講演。日韓を結ぶ薩摩焼の歴史や、南原市を訪れた際のエピソードなどを約2時間にわたって話します。全羅北道の担当者による観光地の見所紹介もあります。

薩摩焼宗家十五代 沈壽官(ちん・じゅかん)

1983年 早稲田大学卒業
1988年 イタリア国立美術陶芸学校GAETANO BALLARDINIファエンツァ校専攻科卒業
1990年 韓国京畿道 金一萬土器工場でキムチ壷製作、修業
1999年 十五代沈壽官を襲名(1月15日)
2001年 「世界陶磁器EXPO2001」(韓国・ソウル)出品
2002年 米国・ニューヨークの「ASIA SOCIETY MUSEUM」で「NEW WAY OF  TEA」透彫香爐出品
2003年 「現代韓日陶芸展-共生を目指して-」(韓国・ソウル、錦湖美術館)参加
2004年 韓国・盧武鉉大統領夫妻、御来窯
2006年 内閣総理大臣官邸 薩摩蝶乗花瓶 常設展示
2010年 フランス・パリのエトワール美術館で「歴代沈壽官展」開催
2013年 韓国・芸術の殿堂で「沈壽官展-薩摩で咲いた朝鮮陶工の芸術の魂-」開催
2015年 鹿児島陶芸家協会会長に就任。韓国・ソウル大学で「日韓国交正常化50周年記念 十五代沈壽官展」開催
2016年 高円宮記念日韓交流基金 選考委員就任

 
沈壽官窯ブログ http://www.chin-jukan.co.jp/

日時
2018年7月18日(水)15:00~17:00
場所
コリアプラザJAPAN(韓国観光公社福岡支社内)
定員
150人
参加費
無料
応募方法
郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレスをご記入のうえ、下記のいずれかの方法でご応募ください

メール
件名に「韓国旅行セミナー」と記し、fukuoka@knto.or.krにお送りください
はがき
韓国観光公社福岡支社「韓国旅行セミナー」係(住所は下記ご参照)に郵送してください
ファクス
「韓国旅行セミナー」と記し、FAX092-474-8015にお送りください
コリアプラザにある申込用紙
記入、提出してください
応募期間
7月11日(水)まで
注意事項
抽選のうえ、当選された方だけに、応募締切日から1週間以内にメールでご連絡します。メールアドレスをお持ちでない方には当選通知を郵送します。
お問い合わせ
韓国観光公社福岡支社(電話092-471-7174)
〒812-0011福岡市博多区博多駅前2-1-1朝日ビル5階
広告

コメントをどうぞ