[PR]世界初(※)! ひざのトラブルを予防する【SHM®機能】搭載  “産・学・医”共同開発から誕生! 『アサヒ メディカル ウォーク』

 1892年の創業から100年以上にわたり、日本の靴文化を支えてきたアサヒシューズ株式会社。日本人の足を研究しながら、日本人に合ったモノづくりを極め、その熟練の技は現在に至るまで脈々と受け継がれています。その象徴とも言える製品が、2006年に発表された『アサヒ メディカル ウォーク』。ひざのトラブルを予防するという全く新しい発想の機能を持ったこのシューズは、発売以降多くのユーザーに愛用され、2018年5月末には販売累計足数が150万足を突破しています。

 現代人は、過度なウォーキングや運動不足、肥満などによって、ひざトラブルに悩む方が増えています。アサヒシューズは、九州大学と医療機関の協力を得て、正しい歩行をサポートし、ひざトラブルを予防する靴機能【SHM®機能】を開発。ひざ本来の動きを補助する、からだに優しい機能性シューズとなっています。

 快適な健康ウォーキングのために、この機会にぜひ試してみてはいかが?

※世界初の特許登録商品

【SHM®機能】

 踵部に配置したスクリュー構造。人のひざには、「Screw Home Movement」という働きがあります。これは、“ひざの正常な回旋運動”を表す生体工学用語で、踵が地面に着くとき、太ももの骨(大腿骨)に対し、ひざ下の骨(脛骨)が外側に少し回旋する動きのことを言います。この動きにより、ひざへの負担を軽減し、安定性・支持性を確保しているのですが、アサヒメディカルウォークはこの仕組みを補助する【SHM®機能】を搭載しています。

お問い合わせ先

アサヒシューズ株式会社
〒830-8629 福岡県久留米市洗町1
TEL 0120-48-1192(携帯電話・PHSからも利用可。9:00~17:00。土日祝除く)
ホームページはこちら(https://www.asahi-shoes.co.jp/)。

広告

コメントをどうぞ