映画「のみとり侍」 主演の阿部寛さん、監督の鶴橋康夫さんが福岡で思いを語る 「すがすがしい映画」「阿部さんありきだった」

 愛と笑いの痛快時代劇映画「のみとり侍」。5月18日の公開に先立ち、主演の阿部寛さん、監督の鶴橋康夫さんが福岡市内で取材に応じました。

 主役のエリート武士、小林寛之進を時に滑稽に、時にりりしく演じた阿部さんは、円熟味さえ感じさせました。

 作品については、「寛之進は武骨で律義な男。勘定方書き役として城で働き、世間知らずだったわけですが、(左遷されて)『猫の蚤(のみ)とり』の世界に身を置くことで、いろんな人に出会い、人間性を深め、生き方を学びます。ある意味では、成長物語と言えます」と紹介。「自分の演技は客観視できないのですが、作品は客観的に見て非常に面白かったし、見た人も『本当に面白かった』と言ってくれます」と喜び、「すがすがしく、晴れ晴れしい気持ちになる映画ができました。監督はさすがだな、と思いました」と語りました。

 演技に関しては、「台本がすごく面白いから、意識してコミカルに芝居しない方がいいと考えました」と明かし、「(共演者は)鶴橋監督の作品の常連の方々が多く、芝居をよく見て、よく話しました」と振り返りました。共演者の中では、寛之進を導く清兵衛役の豊川悦司さんに触れ、「清兵衛から引っ張られる気持ちの良さがありました。それは潔さをはじめ、寛之進が学んだものとつながっている気がします」と力を込めました。

 蚤とりとして初めてとったお客、寺島しのぶさん演じるおみねに「この下手くそが!」と罵倒される場面については、「面白かったですね」と苦笑。笑いのシーンの見所の一つとして、「夫婦役の豊川さんと前田(敦子)さんのやりとり」を挙げました。

 一方、鶴橋監督は作品について、「泣けて、笑える。自分の作品としては珍しいと思う」と語りました。阿部さんに関しては、「大学(中央大学)の後輩で、若いときから見ていました。その真面目さ、『愛の人』であることが、寛之進役にぴったり。というより、阿部さんありきの役でした」と話し、「役者として今が盛り」とエールを送りました。同じ新潟県出身の小松重男さんの原作(小説)に関しては、「好色でありながら、江戸中期の探検記を読んでいるような面白さに引かれました。でも、最初に読んだ約30年前は『映像化はできない』と思っていました」と振り返り、感慨深げでした。

作品のあらすじ
 江戸時代。越後長岡藩のエリート武士、小林寛之進(阿部寛)は、歌会の場で藩主(松重豊)の怒りを買い、「猫の蚤とりになって、ぶざまに暮らせ!」と左遷されます。それは<床>で女性に愛を届ける裏稼業。初めての客、おみね(寺島しのぶ)から「この下手くそが!」と罵倒された寛之進は、プレイボーイの清兵衛(豊川悦司)に指南を受けるのですが……。
阿部寛(あべ・ひろし)
 1964年6月22日生まれ。神奈川県出身。学生時代からモデルとして活動し、俳優の道へ。映画の出演作は「エヴェレスト 神々の山嶺」「祈りの幕が下りる時」など、テレビドラマは「トリック」シリーズ(テレビ朝日)、「下町ロケット」(TBS)など多数。
鶴橋康夫(つるはし・やすお)
 1940年1月15日生まれ。新潟県出身。1962年読売テレビに入社し、一貫してドラマ演出を手がけた。現在はフリーで活躍し、「映像の魔術師」と評される。主な映画作品に「愛の流刑地」「源氏物語―千年の謎―」「後妻業の女」がある。
広告

コメントをどうぞ