JA全農ふくれんが「第7回青春レシピコンテスト」を開催

 福岡市の中村学園女子中学・高等学校で、「第7回青春レシピコンテスト」(主催・JA全農ふくれん)が開催され、福岡県内の中高生6586人の応募を勝ち抜いた16人が、県産の農産物を使った独創的なメニューを披露しました。

 コンテストは中学、高校生の部に分かれた「料理レシピ」「オリジナルスイーツレシピ」、中学、高校生混合の「簡単時短レシピ」の3部門で競われ、調理から審査員に対するプレゼン、試食の過程を経てグランプリが決定しました。

 入賞者には、JA全農ふくれんの大坪康志副本部長から表彰状が手渡されました。「肉巻ききゅうりの天ぷら」で、高校生「料理レシピ部門」のグランプリとなった精華女子高等学校の万年美優さんは、「学校や自宅で練習を重ね、先生方のアドバイスのおかげでグランプリを取ることができた」と、受賞の喜びを語りました。

 表彰式では、昨年の九州北部豪雨で被災された生産者に向け、応募者から寄せられた1498通の応援メッセージの一部も紹介されました。

広告

コメントをどうぞ